国立けんぼう窯 制作工程

成形
ひも作り、玉つくり、たたら作り、ろくろ成形など、作る作品の形によって色いろな技法があります。

NEXT

削り
約一日ほど乾かして少し硬くなり始めてから削って形を整えます。

NEXT

乾燥
約1週間ほど乾かします

NEXT

素焼き
約12時間かかけて800℃まで上げます。その後2~3日かけて冷ましてから窯から出します。

NEXT

下絵付け.釉掛け
素焼きの作品に絵付けをすることを下絵つけといいます。絵付けをした後、その上から釉薬を掛けます。色の釉薬を重ね掛けして変化をねらう方法もあります。

NEXT

本焼
14~15時間ほどかけて約1250℃の温度まで上げると、粘土は石のように硬くなります。表面の釉薬もガラス状に融けて、作品のできあがりです。3日~4日ほどかけてゆっくり冷ましてから窯から出します。焼き方によっても色が違ってきます。

上の作品は2つとも同じ青磁の釉薬を掛けて焼いた作品ですが、左は還元焼成、右側は酸化焼成による焼きあがりです。

NEXT

上絵付け
釉薬をかけて一度本焼きした作品に、更に絵付けを施すこともできます。この技法を上絵付けといいます。約800℃ほどの温度で焼成してできあがりです。

国立 けんぼう窯のブログ

■2017/07/08 陶芸教室 国立けんぼう窯 夏の器、さわやかなキャベツの葉皿
陶芸教室 国立けんぼう窯 夏の器、さわやかなキャベツの葉皿
久しぶりに、キャベツの葉をモチーフにしたお皿と小鉢が焼きあがりました。
生徒のMさんの作品です。
ついでに作られた魚のお皿もさわやかに仕上がっています。
いつも、電動ろくろに向かっていたMさんですが...
■2017/06/30 陶芸教室 国立けんぼう窯 7月の集中講座fは備前のすり鉢。
陶芸教室 国立けんぼう窯 7月の集中講座fは備前のすり鉢。
いよいよ7月、今年も早、半分過ぎてしまいましたね。
今年の集中講座は、こちらも早いもので今回で6回目になります。今回は、秋の登り窯焼成まであと4か月を割ってきたので、3か月連続で登り窯で焼成する作品つ...
■2017/06/29 陶芸教室 国立けんぼう窯。登り窯の修理に行ってきました。
陶芸教室 国立けんぼう窯。登り窯の修理に行ってきました。
毎年、春と秋に焼成している登り窯ですが、毎回、焼くたびにあちこちひずみが出てきます。
とにかく内部は1250℃という高温になるため、窯の内部のレンガが膨張してるわけです。
その結果として、高温になるにし...
■2017/06/25 陶芸教室 国立けんぼう窯。黄瀬戸の皿つくりの集中講座開催。
陶芸教室 国立けんぼう窯。黄瀬戸の皿つくりの集中講座開催。
今日は月一回の集中講座の開催日でした。
今日のテーマは、黄瀬戸の皿作り。
電動ろくろで皿を作るコツを集中練習しました。
皿は、湯飲みや茶碗など作り方がちょっと違い、工程を間違えてしまうと、途中で壊...
■2017/06/24 今月の集中講座は黄瀬戸の皿作り。陶芸教室 国立けんぼう窯
今月の集中講座は黄瀬戸の皿作り。陶芸教室 国立けんぼう窯
明日、6月25日は毎月恒例の陶芸技法の集中講座の日です。
今回は、安土桃山時代に一世を風靡した黄瀬戸の皿作りです。黄瀬戸は、それほど印象の強い陶器ではありませんが、淡い黄色の焼き物で温かみのある穏やか...

もっと見る>>>

岸野和矢の過去ブログ