登り窯焼成実習|国立けんぼう窯

登り窯東京国立けんぼう
KENBOUGAMA
くにたち駅徒歩5分 東京都国立市中1-19-6
TEL. 042-576-8111 fax 042-575-7005
(登り窯所在地) 山梨県甲州市

登り窯は、フジテレビのドラマ、ようこそわが家へのロケで使われました。
けんぼう窯では、この自前の登り窯施設を使って毎年春と秋の
2回、実習を兼ねた焼成を行っています。
2015年10
月23日~25日に第51回目の登り窯焼成を行いました。
焼成中の写真を掲載いたしましたのでぜひご覧ください。
窯出しの写真は前回のものです。窯出しは10月31日に行います
次回の焼成は2016年の4月を予定しています。
覚えていますか?このシーン[ようこそ我が家へ]2015,04フジTV
2015年 フジ[ようこそわが家へ]月曜日 夜9 時~  けんぼう窯の登り窯で撮影。
 登り窯の前で、思わぬ展開が、、、。
  
n.30.jpg
n.31.jpg
2015年10月
さあ焼成作業の始まりです!!
一の間炎.gif
成瀬さん.gif    27noborianimemaki.gif りんさん.gif   中さん.gif Bさん.gif さま穴2.gif  

 

登り窯は約700坪の広々したスペースの中にあります。 
 [宿泊棟と登り窯]

登り窯の横に宿泊施設があります。
 
登り窯の隣に約30人ほど泊まれる宿泊施設があります。この建物と登り窯は昨年TBSで放映された「花より男子2」でも使われました。この建物は知人に古材を集めて作ってもらいました。太い大黒柱もあります。1階部分の半分が土間になっているので、靴を履いたままで、食事やお茶が飲めるようになっています。今回もみんなで2泊3日楽しく過すごすことができました
  n12-2.JPG   
午後9時途中の道の駅で休憩。。現地で昼食後に窯詰め開始。

n.1.jpg

n.2.jpg
道具土を用意して窯詰めの準備。

1の間2と2の間で使います

n.3.jpg

n.4.jpg

1の間の窯詰め。

窯詰めされた1の間の内部。
  n.5.jpg

  n6-2.JPG

2の間の内部。
3の間の内部です。。
      n.7.jpg
n.8.jpg  

初日の夜はお弁当とキノコ汁。

近くの山で採取した天然のキノコです。

n.9.jpg

  n.10.jpg

今回は、薪割り機も登場しました。

24時間ひたすら焼き続けます。
    n.11.jpg

n.12.jpg  

パンとサラダとタンドリーチキンの朝食
炭火で焼いたチキンは最高。
n.13.jpg
  n.14.jpg
おいしい空気とおいしい食事、最高。パンにはさむと、こんな感じにです。
n.15.jpg

  n.16.jpg

参加者の皆様、どうもお疲れ様でした。

  集合.jpg

窯出し

27窯出しアニメ-tam500.gif

 今回の窯だしは、10月31日を予定しています。以下の写真は昨年5月のものです。

  一の間窯だしアニメ.gif

さあ、3の間は、どんな焼き上がりかな。 

一の間から窯出し開始です。
nos.31.jpg  
nos.30.jpg  
窯出し直前の一の間。3の間の備前も見事に焼けりました。
nos.29.jpg    nos.26.jpg  
一つ一つ手渡しで窯から出しました。

窯の前に並んだ作品。

    nos.33.jpg nos.32.jpg  
備前花活け。

志野は3の間で焼成しました。

nos.01.jpg

 

nos.15.jpg   

 古信楽粘土自然釉薬が。美しいですね。形もGood。

ビードロ釉の花活け。。
    nos.10.jpg
nos.09.jpg   
辰砂の色合いが見事です。
豪快ゆがめられた皿。素敵です。
   nos.13.jpg
   nos.25.jpg
備前独特の色合いが素敵です。 

渋い備前です。

  nos.05.jpg
nos.06.jpg    

古信楽粘土の徳利。

焼酎サーバー。
  nos.12.jpg
nos.18.jpg  
半磁器粘土の焼き締めも素敵です。
Nさんの力作です。 
  nos.03.jpg
nos.04.jpg
信楽らしい焼き上がりです。 
白萩釉も真っ白に。
nos.11.jpg  
  nos.02.jpg

 黒い粘土も渋いですね。

 Iさんの作品は軟らかいフォルムです。
  nos.17.jpg   nos.19.jpg

古信楽の鉢。

黒御影粘土。星空みたいですね。

nos.20.jpg  

   nos.21.jpg

    ろくろで作って広げた角皿。こんな皿に盛りつけてみたいですね。
  
  nos.22.jpg
   nos.23.jpg
 


 

表と裏の変化について
登り窯で焼くと作品に炎があたって、表側と裏側が違った表情に焼きあがります。
ですから窯づめするときには、表と裏を考えながら慎重に作業します。
火に向かった側には自然釉(灰)がかかりやすく、変化が出やすいのですが、
裏側によい景色が現れることもあります。

n.68.JPG
 
n.69.JPG
 



国立 けんぼう窯のブログ

■2017/09/11 ノンストップの生放送に出演。陶芸教室 国立けんぼう窯
ノンストップの生放送に出演。陶芸教室 国立けんぼう窯
お台場のフジテレビに午前8時に到着。

ディレクターのSさんに誘導されて楽屋に移動して、本日のノンストップ生放送の打ち合わせが始まりました。

収録での出演は、いままで何回か経験しているのですが、生...
■2017/09/05 フジTVノンストップに出演します。国立けんぼう窯 岸野和矢
フジTVノンストップに出演します。国立けんぼう窯 岸野和矢
9月11日のフジテレビの情報番組、ノンストップ(平日午前9時50分~11時25分)に、私、陶芸教室 国立けんぼう窯の岸野和矢が出演することになりました。
当日は、「愛すべきモノがたり」というコーナーの生放送に...
■2017/09/04 Kさんが作った素敵な蕎麦の器 陶芸教室国立けんぼう窯
Kさんが作った素敵な蕎麦の器 陶芸教室国立けんぼう窯
陶芸教室の生徒のKさんから、自作の器にお蕎麦を盛り付けた画像が届きました。
どうやら冷たいぶっかけ蕎麦みたいですね。
板状に伸ばした粘土をラフに曲げて自然な形を生かして作られた器に、夏野菜を合わせ...
■2017/08/31 陶芸教室 国立けんぼう窯 アルミナセメントで登り窯内部の補修
陶芸教室 国立けんぼう窯 アルミナセメントで登り窯内部の補修
明日から、9月の陶芸教室が始まるので、今日31日は、登り窯に行ってきました。
前回の修理でやり残してしまっていた登り窯の内部の補修を完了させてきました。
今回は正面から見える部分、一の間の一番前の作品...
■2017/08/27 集中講座 テーマ3種の徳利作り。陶芸教室 国立けんぼう窯
集中講座 テーマ3種の徳利作り。陶芸教室 国立けんぼう窯
今日、毎月恒例の集中講座を開催しました。

今回のテーマは、佐賀県、唐津の粘土を使っての徳利作りです。
徳利の代表的な形、ラッキョウ徳利、底面の面積が広い、船徳利、そして瓢箪の形のヒョウタン徳利の...

もっと見る>>>

岸野和矢の過去ブログ