東京の陶芸教室.陶芸体験の詳しい内容 国立けんぼう窯

  建物240.jpg        才能あり 秋山_サイズ250.jpg       
    
 
けんぼう窯で心をリフレッシュさせませんか。見学体験大歓迎です!
 
〔費用〕入会金10,000円 月謝8900(税込)
 
 ☆お得情報 7月中に入会されると入会金が無料です。
 
〔材料費〕月額2700円程度(焼き代なし)
 
JR中央線くにたち駅南口徒歩5分。駐車場6台完備。
陶芸教室東京国立けんぼう窯の工房は都内随一の広さです。
翌月振替もokです
陶芸で使う道具は全て揃っていますので手ぶらで通えます。
粘土7種類。焼き代なし。電動ロクロ使用料なし
27台の電動ロクロに加え、蹴ろくろ(けろくろ)も完備。釉薬30種類常備。
  ani01.gif    田村ろくろ108テキスト入り.jpg    ケロクロ108テキスト入り.jpg       photo02.jpg ani02.gif   
ani03.gif  「陶芸一日体験」(一日体験入会)手びねりコース大人2900円(税込、焼成費込)茶碗ぐらいの大きさで2個作れます。※小学生ぐらいのお子様もOKです) 
一日体験後、1か月以内にご入会いただくと体験費用(2900円)が無料に。

ani03.gif 生徒作品のページへ ani03.gif 制作工程のページへ
第1教室第2教室第3教室 体験専用ルーム
photo03.jpg
第二教室300.jpg
  photo05.jpg   体験ルーム250.jpg

陶芸教室けんぼう窯でできること
形技法・・・・・手びねり成形 電動ロクロ成
絵付け技法・・・・・下絵付け  上絵付け   化粧土の技
焼成(焼き方)・・・・・酸化焼成 還元焼成 登り窯での焼締め焼成 上絵焼成。

陶芸教室の主な設備

登り窯 ani04.gif
ani03.gif  
クリックすると登り窯の写真集ヘリンクします。
焼成室
ガス窯1基.電気ガス併用の窯1基.電気窯2基。

電動ロクロ・蹴ろくろ電動ロクロ27台と蹴ろくろ3台設置。

photo07.jpg photo08.jpg photo09.jpg  
登り窯を一人でも多くの人に体験して欲しいと願っ築窯。奥多摩湖の先、山梨県甲州市の一の瀬という山間にあります。青磁や辰砂の赤紫色の焼き上がりなどは、還元焼成、黄瀬戸の柔らかい発色や織部の緑色は酸化焼成で焼きます。電動ロクロを使いこなすことができれば更に表現の幅が広がります。楽しみながら続けると自然に身につきますよ。

陶芸教室の実施時間帯

曜日時間ごとのクラスに分かれ、毎月第1第2第3週が実施日になります。
クラス午前の部
9:30~12:00
午後の部
14:00~16:30
夜の部
18:30~21:00

〔 定 員 〕
1クラス10名
〔月3回実施〕
お休みする場合は

振り替えOKです

なし
満員です。
定 休 日
なし
コース
初心者基礎からのコース陶芸に初めてチャレンジする方の入門コース約1年の間に粘土の扱い方から成形方法までを身に付けていただくことができます。
電動ロクロコース

電動ロクロを使ったコースで基礎コースが終了した方は、自動的にこちらのコースでロクロの基本から応用までを学びまする

材料費1か月1500円程度(会員平均値)

粘土は2㎏単位で購入していただきます。基礎コースの場合2Kg(2700円)の粘土で約2ヶ月は足ります。2Kgの粘土では、これだ作れます。湯のみ一つ500円ぐらい(焼代込)のコストで作れます。 sakuhin-2k.jpg コーヒーカップ皿セット2客・コーヒードリッパー・ピッチャ-・つまみ皿 

プラス1制度1コマ1500円で最高3回(合計6回)まで追加受講ができる制度です。好評でご利用いただいています。
フリータイム制あります。

お仕事などの関係で決められた時間においでになれない方には、月に3回お好きな時間をお選べるフリータイム制もあります

ご入会はお電話またはEメールでもできます。
℡ 042-576-8111
所在地 東京都国立市中1-19-6E-mail :info@knbo.net

 


国立 けんぼう窯のブログ

■2017/07/08 陶芸教室 国立けんぼう窯 夏の器、さわやかなキャベツの葉皿
陶芸教室 国立けんぼう窯 夏の器、さわやかなキャベツの葉皿
久しぶりに、キャベツの葉をモチーフにしたお皿と小鉢が焼きあがりました。
生徒のMさんの作品です。
ついでに作られた魚のお皿もさわやかに仕上がっています。
いつも、電動ろくろに向かっていたMさんですが...
■2017/06/30 陶芸教室 国立けんぼう窯 7月の集中講座fは備前のすり鉢。
陶芸教室 国立けんぼう窯 7月の集中講座fは備前のすり鉢。
いよいよ7月、今年も早、半分過ぎてしまいましたね。
今年の集中講座は、こちらも早いもので今回で6回目になります。今回は、秋の登り窯焼成まであと4か月を割ってきたので、3か月連続で登り窯で焼成する作品つ...
■2017/06/29 陶芸教室 国立けんぼう窯。登り窯の修理に行ってきました。
陶芸教室 国立けんぼう窯。登り窯の修理に行ってきました。
毎年、春と秋に焼成している登り窯ですが、毎回、焼くたびにあちこちひずみが出てきます。
とにかく内部は1250℃という高温になるため、窯の内部のレンガが膨張してるわけです。
その結果として、高温になるにし...
■2017/06/25 陶芸教室 国立けんぼう窯。黄瀬戸の皿つくりの集中講座開催。
陶芸教室 国立けんぼう窯。黄瀬戸の皿つくりの集中講座開催。
今日は月一回の集中講座の開催日でした。
今日のテーマは、黄瀬戸の皿作り。
電動ろくろで皿を作るコツを集中練習しました。
皿は、湯飲みや茶碗など作り方がちょっと違い、工程を間違えてしまうと、途中で壊...
■2017/06/24 今月の集中講座は黄瀬戸の皿作り。陶芸教室 国立けんぼう窯
今月の集中講座は黄瀬戸の皿作り。陶芸教室 国立けんぼう窯
明日、6月25日は毎月恒例の陶芸技法の集中講座の日です。
今回は、安土桃山時代に一世を風靡した黄瀬戸の皿作りです。黄瀬戸は、それほど印象の強い陶器ではありませんが、淡い黄色の焼き物で温かみのある穏やか...

もっと見る>>>

岸野和矢の過去ブログ