久しぶりに窯のトラブルに見舞われました。

一昨日、打ち合わせ中にイナビカリとともに、200Vのエアコンが止まり、昨日は朝から小型の電気窯の電源が入らなくなってしまいました。エアコンが止まった原因が電源ブレーカーだったので、今回もそうだろうと思ってブレーカーを確認したところ、そちらは異常なし。ということは、窯の焼成装置の故障に違いないということで、窯屋さんに連絡して昼前から修理してもらいました。調べてもらうと焼成装置には以上が無く、前日の雷とはまったく無関係で、単純な電熱線の断線でした。原因と断線箇所がなかなか特定できなかったので約5時間かかって修理は完了しました。日本セラミックの清水さん、お疲れ様でした。国立けんぼう窯 岸野 和矢
電気窯の修理350-2.jpg
電気窯の修理350-1.jpg