2013年05月20日

春の登り窯焼成の焼きあがり直後の写真です。

今回の登り窯焼成は4月28日から30日に行い、5月3日に窯だしを行いました。僕のカメラで窯だしの風景と写真をたくさん撮ったつもりが、今回はなんとデータカードを入れ忘れてしまい、一枚も写真がありませんでしたが、このたび、ありがたいことに参加したメンバーから写真をいただくことができました。焼く前の状態と焼き上がりが同じアングルで撮影されていたものがありましたので、登り窯で焼いたときの作品の変化をご覧ください。次回は予備のデジカメを一台用意して行くことにします。国立けんぼう窯 岸野和矢
窯だし後の撮影風景350.jpg
一の間窯詰完了焼成前350.jpg
一の間完了内部全体350.jpg
 
窯詰め作品350.jpg
焼き上がり350.jpg
並べた作品350.jpg

2013年05月07日

5月3日、登り窯の窯出しに行ってきました。



朝7時にけんぼう窯に集合して4台の車で山梨県の登り窯に向かいました。今回の参加者は13名。ゴールデンウイークということで、道路の混雑を考えて一般道で奥多摩経由で移動しました。5月の最高の天候に恵まれさわやかなドライブでした。約3時間で登り窯に到着して先週焼いた作品との感動の対面。作品が並んでいる窯の中に交代で入り、焼き上がりを観察してからみんなで手渡して窯の中の作品を取り出しました。ちょうど作業が終わるころお弁当が到着。しばらくのんびり山の時間を楽しんでから国立の教室に戻りました。実は、今回、デジカメのカードを入れ忘れてしまい。ザンネンながら窯出し風景と窯の内部の写真が撮れなかったので、参加者した方からデータがお借りできたら改めて捨身を掲載いたします。 下の写真は教室に持ち帰って棚に並べた状態のものです。国立けんぼう窯 岸野和矢
春の窯出し作品1.jpg
春の窯出し作品2.jpg


2013年05月06日

第15回お笑いライブ、超満員でした。

5月5日こどもの日のお笑いライブでしたが、国立駅前で芸人さんがビラを配った効果もあり、今回は今までで最高の入場者を記録しました。あのヒライケンジさんのビラ配りには通行人の方たちも驚いていた様子でした。今回の優勝はつっちゃんなかちゃんでした。さすがにお子様に人気のコンビです。ご来場いただいた皆様、そして出演していただいた芸人さん、ありがとうございました。毎月一度大笑いさせていただき、感謝です。 次回のライブは6月23日(日)を予定しています。国立けんぼう窯 岸野和矢
15回ライブ風景.jpg
15回ライブ風景3.jpg
15回ライブ風景2.jpg

2013年05月02日

第15回けんぼう窯 お笑いライブ 開催します。5月5日18時開演

5月5日こどもの日、ソニーミュージックとプロモーション・ススム所属の芸人さん8組13名を招いてお笑いライブを開催いたします。この日は、一階の《cafe談話室》がライブ会場に変身します。芸人さんたちがみんなで会場作りをしてお客様をお迎えいたします。定員は50名です。ライブ終了後には、芸人さんとの記念撮影もできます。アットホームなライブをぜひ観に来てください。今回は1970年代にプロ野球の近鉄のピッチャー〔ジャンボ中根〕さんのご子息〔ジャンボ中根jr〕がピン芸人として初出演します。それからエンタの神様で一世を風靡した、あの〔ヒライケンジ〕さんも出演を受諾してくれました。チケット(ドリンクつき)1000円。お子様は半額(500円でドリンクとお菓子付き)です。5時半開場、6時開演です。国立けんぼう窯 岸野和矢
15ライブポスター350.jpg

5月5日〔第15回〕けんぼう窯お笑いライブ開催します。



5月5日こどもの日、ソニーミュージックとプロモーション・ススム所属の芸人さん8組13名を招いてお笑いライブを開催いたします。この日は、一階の《cafe談話室》がライブ会場に変身します。芸人さんたちがみんなで会場作りをしてお客様をお迎えいたします。定員は50名です。ライブ終了後には、芸人さんとの記念撮影もできます。アットホームなライブをぜひ観に来てください。今回は1970年代にプロ野球の近鉄のピッチャー〔ジャンボ中根〕さんのご子息〔ジャンボ中根jr〕がピン芸人として初出演します。それからエンタの神様で一世を風靡した、あの〔ヒライケンジ〕さんも出演を受諾してくれました。チケット(ドリンクつき)1000円。お子様は半額(500円でドリンクとお菓子付き)です。5時半開場、6時開演です。国立けんぼう窯 岸野和矢
15ライブポスター350.jpg
 


2013年05月01日

登り窯焼成のページに薪割り実習のアニメ写真を追加しました。



今回の登り窯焼成は、天候に恵まれ、久々に薪割り実習を行うことができました。ベテラン組は多少経験があるのか、安心してみていられましたが、若者組は、なんとなくぎこちなさが感じられます。薪割りは、危険が伴う作業なので、斧の持ち上げ方から振り下ろし方を説明してから約2時間ほど行いました。パッカーンと割れたときの感触は最高ですね。あまり集中すると、翌日、筋肉痛が残るかもしれませんね。国立けんぼう窯 岸野和矢http://www.knbo.net/post_4/index.php
15薪割り1.gif