2011年08月30日

暑かった8月もいよいよ最後ですね。秋がすぐそこまで来ていますね。

久しぶりに建物の周りをあち見渡してみると、いろいろな植物が実をつけています。大好きな山葡萄の実も色づいてきましたし、猿なしの実ももうすぐ食べられそうです。ポンカンもまだまだ緑色ですがすっかり大きくなりました。9月は早々に台風の洗礼を受けそうですが、今年は秋が早そうですね。10月の登り窯焼成の準備も忙しくなりそうです。国立けんぼう窯 岸野 和矢
1.jpg
2.jpg
3.jpg

2011年08月23日

南蛮土という粘土のサンプルが届きました。



忙しさにおわれて、久しぶりのブログ更新となってしまいました。現在、粘土の焼成テストをしていますが、、今日、南蛮土という粘土ののサンプルが届きました。陶芸の世界ではよく南蛮焼き締めという作品を目にしますが、実は南蛮という定義は何を調べても非常あいまいで、現在焼き物で南蛮焼きと称しているものは、沖縄あたりの素朴な野手に富んだ陶器をさしているように思います。国立けんぼう窯 岸野 和矢
nannban.jpg


2011年08月11日

純白の磁器粘土が入荷しました。



 今日も朝から猛烈な暑さですね。教室は今日から日曜日までお盆休みさせていただいています。そんなことで今日は磁器粘土の成形のテストをしています。実は、今まで使っていた磁器粘土が入手できなくなったので、現在、新たに磁器粘土を選定しています。現在、何種類か取り寄せて作りやすさ、白さ、釉薬との相性などのテストを繰り返している段階ですが、やっと純白に近い粘土が入手できました。今のところ成形から乾燥までの工程では今まで使っていたものより、扱い易い感じです。お盆休みの間に本焼きまで済ませて16日から使えるようにしたいと思います。真っ白な器作りにも是非チャレンジしてみてください。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
giki350.jpg