2011年05月28日

登り窯のページをリニューアルしました。



今年4月22日~24日に焼成して5月8日に窯出しした登り窯焼成でしたが、やっと、ホームページの写真をアップしました。登り窯のホームページのリニューアルは、写真が多いので、今日は一日かけて仕上げました。ぜひ覧ください。国立けんぼう窯 岸野 和矢  http://www.knbo.net/post_4/index.php
kamaanimeok1.gif


神代植物公園にいって来ました。



昨日は、月末で教室がお休みなので、午前中に素焼きの窯詰めを済ませ、午後から調布市の深大寺と神代植物公園にいってきました。小雨交じりの日だというのに、特に、バラ園には大勢の人がみえていました。池の亀が元気よく泳いでいました。人が近づくと鯉と亀があちこちから集まって来るのを見て、奈良公園の鹿を思い出しました。国立けんぼう窯 岸野 和矢
baraen.jpg
kame.jpg


2011年05月26日

梅雨入りしそうな肌寒い日でしたね。登り窯に窯道具を運びに行って来ました。



登り窯の周りはだいぶ春めいてきましたが、今日の昼の気温は15度でした。4月末の焼成の時は、まだまだ冬の景色みたいでしたが、今日は一面、緑に包まれていました。やっと標高1000メートルに春が届きました。3時ごろまで片付け仕事をして国立に戻りました。車を降りてふと見ると、駐車場のフェンスに巻きついたクレマチスが沢山の花を咲かせていました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
kuer.jpg


2011年05月24日

4月に挿し木した山帰来〔サルトリイバラ〕がすでに1ヶ月元気です。



今年で3回目のチャレンジ。なんとか実の成る山帰来〔サルトリイバラ〕を育ててみたいと思い、今年も挿し木をして、毎日水遣りしながら育てています。実の成る山帰来は絵になる枝振りと、さらに、実が付くと鑑賞用としてもなかなか風情があります。古くから器の絵付けにもよく使われています。 去年、庭に植えたアヤメも沢山の花を咲かせてくれました。写真に収めたので、いつか絵付けに使おうと思います。国立けんぼう窯 岸野 和矢
sanki350.jpg
ayame350.jpg


2011年05月19日

ボタンの花のような形のバラをみつけました。



珍しい形のバラを見つけて、思わず買ってしまいました。置く場所もないのに、あまりの面白さについついまた鉢植えを増やしてしまいました。5月の気候はほんとにさわやかで一年で一番好きな季節です。国立けんぼう窯 岸野 和矢
bar-a.jpg


2011年05月12日

肌寒い日ですが今年初めてバラが咲きました。

毎年12月まで、オレンジ色の花を沢山咲かせてくれるバラが今年初めての花を咲かせてくれました。毎年、最初の花が一番大きくて鮮やかなので、小雨の中で写真を撮りました。明日は28度ぐらいに気温が上がるようですね。薄着になったり厚着したり、体調管理が難しいですね。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
bara350.jpg

2011年05月09日

登り窯の窯出しに行ってきました。



朝8時、16名で現地に向かいました。いつもは奥多摩経由で行くのですが、今回は、高速道路が珍しく空いていたので、10時前に現地に到着できました。五月晴れの中での窯出しはとても気持ちがよかったです。作品の焼きあがりは上々でした。12時までに窯出しを終えて、近所の旅館から届いたお弁当を食べてから3時には国立に戻ることができました。作品はすべて教室の棚に並んでいますので、ぜひご覧ください。参加者の皆様、どうもお疲れ様でした。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
窯出し.jpg
窯出し1.jpg
窯出し2.jpg


2011年05月02日

炎芸術106号(夏号)が刊行されました。

今回の表紙は富本憲吉氏です。僕が昔からもっとも興味をひかれている作家の一人です。僕の連載は4年目になりますが、今回は、もっとも身近な小型の電気窯を使った酸化焼成と窯道具のメンテナンスなどについて解説させていただきました。陶芸に仕事でかかわっている方でもいまさら人に聞けないことなどもあるようです。知っていて当たり前と思われていることが、意外に知られていなかったりすることが多いようなので、あえて焼成についての道具を含めて基本を解説させていただきました。書店で見かけたらぜひご覧ください。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
honoh106.jpg
honoh106-2.jpg