2011年01月31日

明日から少し暖かくなりそうですね。



今日、のぼり窯で撮ってきた写真を見ていてたのですが、どれもこれも雪と氷の写真ばかりで、毎日のこの寒さの中ではお見せする気になりませんでしたが。明日から2月、天気予報では3月の陽気ということなので、気に入った一枚をお見せいたします。雪の写真は難しいですね。寒い中、あちこち歩いて興味のある風景を撮り歩いたのですが、あとで見るとただ寒々しいだけのものでした。雪の中に埋もれたモミジが冬から春への移り変わりを感じさせてくれました。今日は各教室に春の登り窯焼成のポスターを掲示しました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
yuki.jpg


2011年01月29日

今年初めて極寒の登り窯に行ってきました。



車に荷物を沢山積んで登り窯に行ってきました。雪が少ないのは予想がついていたのですが、とにかく気温が低くてておどろきました。午後2時、柳沢峠を越えて、100メートルほど下ったところでマイナス4度の表示が出ていました。昼間でこの低さです。夜にはいったい何度になるのでしょう。作業終えてから多少なりとも春が感じられないかとカメラを持ってあちこち歩いてみたのですが、まさに厳冬、氷と雪と枯葉ばかりでした。今日は現地に泊まる予定でしたが、あまりの寒さに、とんぼ返りで国立にもどってきました。それではアジアカップ最終戦が始まりますので失礼いたします。
ichinose350-1.jpg
ichinose350-2jpg.jpg
ichinose350-3jpg.jpg
ichinose350-4jpg.jpg


2011年01月28日

久しぶりに東京スカイツリーを見に行ってきました。



2009年12月末と約1年後ののスカイツリーの写真を比較してみました。すごいスピードで建設が進んだものですね。浅草で人形焼をつまみ、隅田川べりの和菓子屋でイチゴ大福を食べ、満足して帰りました。戻ってからは還元焼成の窯詰めをして焼成開始です。前回は、うっかりして2~3個焼き忘れてしまったので、慎重に詰めました。国立けんぼう窯 岸野和矢
ツリー.JPG
         


2011年01月27日

今月の教室が25日で終わったので、今日はのんびりすごしました。

久しぶりにのんびりした一日をすごさせてもらいました。昨日はなぜか一日中打ち合わせが続き、あわただしかったのですが、今日はのんびり過ごすことができました。庭を観察すると、このところの寒さで、先週まで残っていた蕗の葉が氷すっかり萎れてしまっていました。そんな中でピンク色のボケが一輪咲いていました。ほんとに寒さに強い花なのですね。これから次第に春の植物が動き出すので楽しみにしています。明日は還元焼成行う予定です。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
ぼけ350-2.jpg

2011年01月23日

水色の新しい釉薬が完成しました。



春に向けて澄んだ水色の釉薬はいかがですか。白い粘土にかけて焼成すると水色のガラスでコーティングしたように発色します。写真は半磁器粘土にかけて焼成したものです(生徒作品)。白化粧を施した上にかけても同様の発色です。明るい器もよいですね。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
toruko350.jpg


2011年01月21日

今朝、つららができていました。



昨日は暖かかったように感じたのですが、大寒だったのですね。本格的な寒さもあと2~3週間の辛抱ですね。水遣り用のホースの中が凍ってしまいそうなので、少し水を出しておいたら、今朝、つららができていました。睡蓮鉢にもこのところ毎朝氷が張っています。毎日寒いけど日差しは少し暖かく感じられるようになってきましたね。国立けんぼう窯 岸野 和矢
tsurara350.jpg
koori350.jpg


2011年01月20日

春がすぐそこまで近づいてきていますね。



庭の隅にふきのとうが芽を出していました。凍る寒さの中でしっかりと春を待っています。10年前に山梨県の三富村の登り窯の横にあった秋田ふきのふきのとうです。今から蕗味噌が楽しみです。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
fuki350.jpg


2011年01月11日

Sさんから作品の写真がメールで送られてきました。



最近、電動ロクロで小さなら壷を何個か作っていたSとさんから写真が届きました。黒い粘土と白い粘土で作られたかわいい壷に、自宅で咲いた山茶花と蔦が生けられたものです。自作の器に生けたり、料理を盛り付けたり、最高の楽しみですね。また写真を撮ったらぜひ送ってください。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
hana.jpg


2011年01月10日

炎芸術(阿部出版)の連載も4年目に入りました。



2007年から始まった炎芸術の陶芸入門講座の連載ですが、早いもので今年で4年目104号 に突入しました。ただいま発売中のこの号では、簡単な釉薬の作り方について解説させていただいております。書店で見かけたらぜひページをめくってみてください。ただいま次号(春号)の撮影が終わり、内容の校正中です。2月中には発売になりそうです。国立けんぼう窯岸野 和矢
honoh11.01.09-2.jpg
honoh11.01.09.jpg
 


2011年01月04日

いよいよ明日から教室が始まります。

あっという間に年が明けましたね。明日からはまたいつもどおり陶芸教室が始まります。皆様の体調はいかがですか。いつものリズムに体を慣らのに少し時間がかかりそうですね。今年もマイペースで陶芸をお楽しみください。それでは皆様のお越しをお待ちしています。国立けんぼう窯 岸野 和矢
-2.jpg

2011年01月01日

新年明けましておめでとうございます。

雪景色の京都知恩院の映像をみながら新年を迎えました。今年もけんぼう窯をよろしくお願いいたします。楽しい陶芸教室を目指してスタッフ一同で力をあわせてがんばりたいと思います。厳しい寒さの中で新年を迎えましたが、どうぞ楽しい正月休みをおすこ゛しください。国立けんぼう窯 岸野和矢
みかん2011.jpg