2010年12月31日

よいお年をお迎えください。

今年も大晦日を迎えましたね。明日は1月1日、あっという間にまったく違った日になるんですね。毎年ほんとに不思議な気分です。今夜はみかんを食べてお笑い番組をみて、行く年来る年で締めたいと思います。来年もよろしくお願いいたします。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
350みかん.jpg

2010年12月30日

北側でバラが、南側でクレマチス

年末はどこにも出かけないので、のんびり過ごしています。今年は寒い冬だと思うのですが、教室の建物の周りの植物を観察していると、まだまだ寒さが感じられません。その①、バラが最盛期のように大きく咲いています。その②、クレマチスが8分咲きです。今日は午後から焼成室の片付けでもしようかな。 国立けんぼう窯 岸野和矢
bara.jpg
bara2.jpg
クレマチス.jpg

2010年12月26日

梅の花が咲いてしまいました。

今年の1月のに中旬に神代植物公園内の売店で買い求めた雲竜梅ですが、今年は年明けを待たずに早くも咲いてしまいました。おかげで新年を迎える前に春の香りを楽しんでいます。つぼみの数も去年より沢山ついているのでしばらく楽しみです。今日は朝から一日、たまりにたまっていた事務仕事を片付けました。明日は今年最後の還元焼成をやる予定です。 国立けんぼう窯 岸野和矢
梅.jpg

2010年12月23日

冬空の中、富士山がきれいに見えました。

朝8時半ごろ車で国立駅前から富士見通りを車で走っていると、見事な富士山が正面に見えました。この通りからは、眼の錯覚なのかいつもほんとに大きく見えます。思わず車を止めてパチリ。それではと思い、もうひとつの富士山の見えるポイントの多摩川べりに移動して写真を撮りました。今年もあと一週間ですね。みなさん体調に気をつけて今年を乗り切ってください。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
FUJI2.jpg
FUJI1.jpg

2010年12月22日

昨日(21日)、今月の教室が終了しまた。



12月の予定が全て終了し、今日は朝から本焼きの焼成を行いました。夜に二台目の窯のスイッチを入れて本日の作業は終了しました。今年は窯を新しくしただけあり、む毎年恒例となってしまっている、年末の窯の故障から解放された感じです。明日は還元焼成を行う予定です。後は30日ごろに素焼きの焼成を行えば、今年の作品はすべて焼成できそうです。 国立けんぼう窯 岸野 和矢


2010年12月13日

Sさんから昨日の忘年会のマッサジルさんの写真が届きました。

昨日、SDカードを入れ忘れて写真が取れなかったのですが、ありがたいことに、Sさんから写真が届きました。今年のマッサジルさんは迫力が増していました。アドリブも楽しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。マッサジルさんの来年のさらなる飛躍を期待しています。おかげさまで、けんぼう窯の一年も楽しく締めくくりさせていただきました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
マッサ350.jpg
-2.jpg

2010年12月12日

忘年会を開催しました。

昨年同様、お笑い芸人のマッサジルさんをお招きして、忘年会を行いました。おかげてとても楽しい会になりました。今回で3回目のお笑いライブ付の忘年会ですが、今回もあっという間に時間が過ぎてしまいました。芸人さんの夢に向かって挑み続ける姿を見ると力が湧いてきます。お二人にはBIGになってほしいですね。また一年後にお会いする約束をして別れました。今回もデジカメを持っていったのですが、SDカードを入れ忘れてしまったために、写真が撮れませんでした。 写真がなくてすみません。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2010年12月09日

冬らしい気候になってきましたね。

12月も早くも中旬ですね。今日は定休日で、久しぶりにのんびり過ごしました。久しぶりに周りの植物観察をしてみたところ、玄関先のツル梅もどきの赤い実に気を取られてたのですが、その傍らで梅の花芽がずいぶん大きく膨らんでいるのに驚かされました。写真はツル梅もどきと枝が曲がって伸びる雲竜梅、そしてボケの花芽です。雲竜梅は、来年早々に咲いてくれるかもしれません。咲いたら教室の玄関に飾りますね。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
tsuruume250.jpg
ume250.jpg
boke250.jpg

2010年12月02日

炎芸術次号105号の撮影をしました。



温かい12月ですね。今日は朝から久しぶりの炎芸術の撮影をしました。いつものメンバーで午後4時ごろまでかかり、無事、撮影を終えました。途中でライターの大野さんが加わりましたが、ほぼ同じメンバーで4年めに突入しました。先週ちょっと腰を痛めてしまって治りかけなので、重い物の移動をみんなに手伝っていたただきながらの撮影でした。今回の撮影内容は、後日改めてお伝えいたします。 国立けんぼう窯 岸野 和矢