2010年10月31日

登り窯の窯出しが無事完了しました。



朝8時の出発、現地もやや霧雨混じりの天候でした。いつもは窯ら出して一度全ての作品を並べて鑑賞してから箱詰めしたのですが、今回は窯出ししながら箱詰めしました。焼きあがりは渋く、全体的にGOODでした参加者の皆様お疲れ様でした。
DSC01059.jpg
DSC01035.jpg


2010年10月30日

台風がそれてくれてほっとしています。登り窯に行ってきます。

明日の窯出しが予定通り出来そうなのでほっとしています。今度の台風にはほんとにハラハラさせられました。朝8時に国立を出発して現地に向かいます。さて、どんな焼きあがりになっていますか。楽しみでもあり、ちょっと不安でもあります。 戻りましたら登り窯の内部の写真をアップロードしますね。 国立 けんぼう窯 岸野 和矢

2010年10月29日

窯出しが近付き、台風の動きが気になります。

31日に予定している登り窯の窯出しですが、今、実施か延期かの判断に迷っています。コースが次第に南側にずれてきているのと、速度が速まっていることを考えると予定通り実施できそうな気もしてきました。登り窯は山梨県なので、影響は、それほどでもないかも知れません。もしかして台風一過のすがすがしい晴天の中で作業できたりして、、、、、。うーーん。これから夜まで考えて、今日中に判断したいと思います。国立けんぼう窯 岸野 和矢

2010年10月24日

登り窯焼成が無事終了しました。



今回で41回目の焼成になりますが、今回は、今まででもっとも順調に焼成出来たと思います。その原因の一つは、大量に用意していた薪の乾燥状態がよく、ほぼイメージ通りに温度が上昇しました。もちろん、経験豊かな参加者があってとのことは言うまでありせん。二日目の昼前には、みんなでキノコ狩りに行き、夕飯には天然キノコだらけのキノコ汁を参加者のSさんに作っていただき、秋の味覚も満喫できました。参加の皆様どうもお疲れ様でした。国立けんぼう窯 岸野 和矢
窯づめ350.jpg
窯内部350.jpg
窯内部-1-3-350.jpg
全員350.jpg



 


2010年10月19日

登り窯の近くでキノコが採れました。

今年は、きのこが大豊作らしく、登り窯の近くでもいろいろな種類が採れました。先週木曜日に作品を運びがてら、3種類採集しました。今週末の登り窯焼成の時に、沢山採れたら新鮮なキノコでキノコ汁を作ろうと思います。もちろん、過去に食べた事のある種類しかとらないのでご安心ください。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
kinoko-1.jpg
kinoko-2.jpg
kinoko-3.jpg

2010年10月14日

登り窯に焼成する作品を運んできました。



いよいよ秋の登り窯焼成が近付いてきました。今日は窯の修理も兼ねて、登り窯に行ってきました。朝9時、車に作品を沢山積み込んで登り窯に向かいました。さすがに10月中旬ですね途中の山道は紅葉が進んでいました。しかし、モミジは赤く色づていいるのですが、夏の暑さのせいなのか枯れた部分が眼に着きました。現地の気温は15℃でした。作業を終えて午後3時に、現地を後にしました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
10.14-7-350.jpg
10.14-350.jpg
10.14-3-350.jpg



 


2010年10月08日

秋の彩りの器が増えてきました。



今日窯出しした器ですが、身近な木の葉を並べてゴスをブラシと金網を使って飛ばして付けたものです。スパッタリングという技法です。火曜日の午前と午後の生徒作品です。簡単な技法ですが、並べ方の工夫次第で雰囲気が変わります。GOODです。
モミジ茶わん350.jpg
秋の角皿.jpg


2010年10月07日

またまた窯の修理です。

4月に新築した2基の窯のうち大きいほうの窯が故障して、今日は朝から修理してもらいました。先月ももう1基のほうが故障したのでちょっと先行きが不安になります。結局、窯の焼成装置の配線不良で線がショートしてしまったようです。大した故障でなくてよかったよかった。窯の修理が終わり、昼過ぎに外に出ると、まだピンクの朝顔が咲いていました。この朝顔はなぜか午後まで咲いて知ることが多く、今日は涼しさが気に入ったのか、夕方まで咲き続けていました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
あさがお350.jpg