2010年05月31日

第40回登り窯焼成も無事完了しました。



今年は特に天候不順が続いていますが、何とか窯詰めの日は晴れてくれました。5月末の焼成はし始めてでしたが、とにかく緑が美しく、最高の環境の中での焼成でした。毎年4月末に焼成していましたが、これからは毎年、春は5月末に焼成しようと思います。参加者の皆様お疲れ様でした。
41nobori1.jpg
41nobori2.jpg
41nobori4.jpg
41nobori5.jpg
41nobori6.jpg


2010年05月27日

登り窯に食糧を運んできました。



明日はいよいよ登り窯焼成が始まります。朝8時に集合して現地に向かう予定です。そんなわけで、今日は現地に3日分の食料を運んできました。中央道の勝沼インターで降りて、塩山市内のスーパーであれこれ買って現地に着いたのは11時ごろでした。焼成中の気になる天気ですが、明日だけ晴れのようなので安心しました。土日の天気はちょっと怪しい雰囲気になりつつありますが、とりあえず金曜日だけでも晴れれば助かります。 国立けんぼう窯 岸野 和矢


2010年05月23日

アヤメの花と柿の花が咲きました。



今日は久しぶりの雨の一日となりそうですね。ちょっと庭に出てみたら、アヤメの花が咲いていました。最近豪華なジャーマンアイリスをよく目にしますが、やはりアヤメのほうが日本の季節によく合うように感じます。その横に背丈を小さく育てている柿の木があるのですが、今年は沢山の実をつけてくれました。これもよく見ると白っぽい花がついていました。子供のころ近所の女の子がこの花をたくさん集めて糸に通してネックレスを作って遊んでいたのを思い出します。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
アヤメ.jpg
かきの花.jpg


2010年05月21日

アーモンドの実が大きくなりました。登り窯に作品運びに行ってきました。



昨日も登り窯に作品運びに行ってきました。これで約9割りの作品を運び終わりました。あとは、焼成前日に食糧と一緒に運べば準備完了です。現在、天候も晴れと雨の日が日替わりで繰り返されていますが、何とか焼成当日は晴れてほしいと願い、毎日天気予報を木にしています。春先に咲いたアーモンドの木に実がつきました。花は桜に似ているのですが、実は、すでにアーモンドの形そのものです。いつ収穫出来るのかわからないのでこれから調べてみます。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
アーモンド.JPG


2010年05月14日

フジTV「すごキュン」のDVDが届きました。



5月7日のオンエアーを見逃したしまったので、制作会社の方に連絡したところ、快くDVDを送ってくれました。内容は、出演者のユートくんが一生懸命電動ろくろの練習をしてやっとの思いで作り上げた茶碗2個を思いを抱く女性(まいまい)にプレゼントするシーンまででしたが、彼の一途な思いが彼女に伝わりきらずに残念ながら交際は成立しませんでした。ちょっとかわいそうな終わり方でしたが、ろくろ初体験の彼でしたが、本気で筋肉痛になるまで7時間もぶっ続けで練習し、頑張って自力で作り上げた作品でした。撮影はけんぼう窯の第4教室を使いました。ユートくんお疲れ様でした。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
すごキュン.jpg
すごキュン1.jpg
すごキュン2.jpg
すごキュン3.jpg
すごキュン4.jpg


2010年05月13日

昼ごろ登り窯に到着、気温は15℃でした。



登り窯の宿泊施設の掃除と寝袋干しに行ってきました。いまだに山の気温は低く、今朝も現地は霜が降りたようです。部屋の中が寒いので、とりあえずストーブを焚いて部屋を暖めてから掃除に取りかかりました。3時ごろくもり空になって急に寒くなってきたので現地を離れました。やっと春の緑が標高1000メートルに到達した感じてす。焼成まであと2週間ありますので、新緑が楽しみです。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
nobori.jpg


2010年05月12日

明日は登り窯の大掃除に行ってきます。

今月末の焼成に備えて、明日も朝から登り窯に行く予定です。天気がよさそうなので、部屋の掃除と寝袋干しをする予定です。先週はまだほとんど緑が見えなかったのですが、この一週間でどれぐらい春らしくなっているのか楽しみです。標高1000メートルの新緑の中で春の登り窯焼成ができるとうれしいです。戻りましたら現地の写真を載せますね。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2010年05月08日

昨日でした。「すごキュン」オンエアーされました。しかし、録画できませんでした。



今日の放映はないと思っていたユウト君の陶芸のシーンが、番組の後半に突然始まりました。今日はないのでは、と思ってテレビの前でうとうとしていたら、突然、聞いたことのある声が流れてきました。確かに教室でろくろを回すシーンが少し流れてあっという間に終了。泊まりがけで撮影したシーンは、残酷にも全てカットされてしまっていたようです。スタッフの皆様にみもお疲れ様でしたと言いたいです。しかし、この撮影で本気で7時間もの間ぶっ続けでろくろに向かったユウトくんは確かに上達していました。これを機会にいつか陶芸が趣味の一つに加えてほしいですね。今回のシーンを録画したつもりだったのですが、あとで確認したらなぜか5チャンネルを録画してしまっていました。シマッタ。あとのまつりでした。もし、どなたか今回の分を録画された方がおりましたら教えてください。 国立けんぼう窯  岸野 和矢
すごキュン.jpg


2010年05月07日

「すごキュン」のオンエアーが延びそうです。

今日5月7日にオンエアーされる予定だった陶芸のシーンですが、今日のテレビ欄には違うシーンが載っていました。したがってもしかして来週になるかもしれません。一応今週と来週の分は録画しようと思っています。話は変わりますが、去年深大寺で拾ってきたどんぐりの芽が伸びて葉が出ました。鉢に植えてみたら意外に楽しいです。今、教室の玄関に飾っています。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
konara.jpg

2010年05月04日

3月末に教室の施設を使って撮影したフジテレビ「すごキュン」の放映日が決まりました。



フジテレビの4月から始まる新番組というだけで、番組名も内容もわからないままお手伝いした番組でしたが、4月16日(金)にスタートした「すごキュン」という番組でした。撮影は一階の教室と窯場を使いました。番組の中で陶芸がどんな形で登場するのか、ぜひご覧ください。放映日は5月7日(金)夜11時からです。
すごキュン.jpg


2010年05月03日

半年ぶりに登り窯に行ってきました。



昨年11月に薪の準備にいって以来半年ぶりに行ってきました。今年は今月末に焼成をするのでこれからいろいろと準備が始まります。5月1日夜11時過ぎに国立を出て深夜2時ごろ現地に到着しました。なんと現地の気温は0℃。あまりの寒さに全部のストーブをつけてから寝ました。朝起きて、またまたまたびっくり。あたり一面真っ白に霜か降りていました。去年までは4月末に焼成していたのですが、この寒さを考えると、今回はほんとに5月末に計画して良かったと思います。焼成で使う100枚の棚板を削り、表面を保護するアルミナを塗ったあとで、薪の片づけと窯の周りの清掃などをして作業完了。道路の混雑が予想されるので午後2時に撤収しました。帰り道の現地近くでは、今、桜が満開でした。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
noborigama-3.jpg
sakura-1.jpg


2010年05月01日

2台の窯がやっと完成しました。



4月23日の解体作業を含めて、完成まで実質7日間かかって、やっと完成にこぎつけました。以前の窯より一回り大きくなりました。これで一安心です。10年以上は使いたいと思います。今日は、さっそく一台のあぶり(低めの温度で空焚きして湿気を抜く焼成)をやっています。明日はもう一台のあぶりを行います。教室が始まるまでには2台ともしっかりと乾燥させたいと思います。国立けんぼう窯 岸野 和矢
kama1.jpg
kama3.jpg
kama4.jpg