2010年01月31日

昨日、愛知県の豊川に行ってきました。



29日夕方、愛知県の知り合いの業者から電話が入り、陶芸材料を置いている倉庫を急きょ明け渡さなくてはならなくなってしまとのことで、使えるものがあれば引き取ってほしいという話でした。教室がちょうどお休みだったのでレンタカーを借りて現地に向かいました。岐阜県の多治見に泊まり、翌朝現地で落ち合いました。登り窯で使う棚板200枚とその他倉庫で使う棚などを積んで国立に戻りました。帰りの途中で寄った東名高速の富士川サービスエリアから見た富士山がとてもきれいでした。ここは11月の備前の旅の帰りでも立ち寄り、その時に買った、ほたるいかの沖漬けがとてもおいしかったので、今回もお土産に買って帰りました。国立けんぼう窯 岸野 和矢
富士川ー3.jpg
富士川350.jpg
富士川ー2.jpg


2010年01月28日

深大寺に行ってきました。

2週間前に行ったときはまだほとんど咲いていなかった梅が全体で3部咲きになっていました。春がどんどん近付いてきますね。植物公園を散策して帰りがけに福寿草を買いました。鉢に植え付けて二月の初めに教室の入り口に飾る予定です。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
jindaiji-350.jpg

2010年01月21日

鉢植えの野梅(やばい)が開花しました。

今日、室の玄関に置いた鉢植えの野梅(やばい)が一輪だけ咲きました。二階に置いた雲竜梅も良い香りを放ちますがこちらはさらに香りが際立つ感じがします。春がどんどん近付いてきますね。今日は教室が休みなので、久しぶりに園芸センターに出かけてきました。ほしいものが沢山あったのですがこれ以上鉢植えを買ってしまうと管理しきれなくなりそうなので、観るだけで帰ってきてしまいました。国立けんぼう窯 岸野 和矢
ume-3-250.jpg

2010年01月16日

細長く曲がりくねった梅を鉢植えにしました。



おととい深大寺の売店でもう一本、ひょろひょろと曲がりながら伸びた梅の木を見つけて買入しました。雲龍梅という種類の梅だそうです。持ち帰ってビニールのポットからはずして鉢植えにし、苔を貼り付けてみたら何とも姿がかっこよく、とても気に入りました。名前は「香篆」と書かれていました。名前に香りが付いているだけあり、二階の教室の入り口でとても良い香りを漂わせてくれています。大事に育てようと思います。今日はロクロと手びねりで植木鉢を5個作りました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
KICX0304-250.jpg


2010年01月14日

深大寺で梅の花見に行ってきました。



天気は良いのですが、この季節はほんとに寒いですね。でも、年が明けると急に春の花が楽しみになります。今日は午前中に事務仕事を片付けたあと、昼食を兼ねて深大寺に行ってきました。そばを食べてから植物園に入り、さっそく、梅園に向かいました。しかし、残念ながらほとんどの梅は咲いていませんでした。それでもほんのわずか花をつけている木があったので、写真を撮りました。梅の鉢植えを購入して今日は大満足な一日でした。池ではカメが甲羅干しをしていました。梅は教室の玄関に飾っておきますね。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
深大寺-250.jpg
深大寺-250-3.jpg
深大寺-250-5.jpg



 



 


2010年01月07日

お知らせでーす。今月から新しい粘土が加わりました。



お知らせです。新しい粘土が加わりました。焼きあがりの色は黒みかげ粘土とほぼ同色です。粒子はとても細かく、電動ろくろでも手びねりでも楽に成形できますので、新年にぜひチャレンジしてください。二階の教室の入り口に完成サンプルを展示しておきます。唐津の釉薬を流し掛けしてみました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
新粘土-250.jpg


2010年01月04日

元旦に三浦三崎に行ってきました。マグロの有名店に案内してもらいました。



元旦の朝10時に国立を出て12時半に三浦三崎につきました。知人が予約してくれていた城ケ島大橋のたもとのマグロ料理のくろば亭というお店に入りました。お店に入るとテレビでよく観る迫力のあるご主人が迎えてくれました。今は全国で知られていますが、昔からこの場所でマグロ料理の専門店として知られていたようです。マグロの内臓やスジまでもメニューに登場していました。まず最初にマグロのカマ焼きが大皿に乗せられて登場しました。するとご主人が登場。ホラ貝を吹きながらマグロ供養のパフオーマンスが始まりました。周りのお客さんも大喜びでした。たらふくごちそうになり、そのまま車で国立へ戻りました。このお店はたまたま元旦なので少し空いていたとのことでした。いつもは行列ができるそうです。ラッキー。正月休みを楽しんだので、今日4日は個人的に仕事始めにしました。作品がくっついたり、焼成時に釉薬が流れてくっついたりして表面が汚れている棚板の表面をディスクグラインダーで削りました。二人で45枚、3時間の作業でした。あとは表面にアルミナというコーティング剤を塗ればすべて完了です。残念ながら年末に届く予定だったアルミナがまだ届いていないので、改めて仕上げる予定です。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
KICX0181-250.jpg
KICX0187-250.jpg


2010年01月01日

富士見通りに富士山がきれいに見えました。



おはようございます。改めておめでとうございます。今朝は外のスイレン鉢の表面に氷が張りました。車のボンネットもキラキラ霜が貼りついています。富士見通りに出てみると車はまばらで、いつもと全く違った町にいるようです。朝日を浴びた富士山が通りの真ん中に大きく見えました。国立けんぼう窯 岸野 和矢
DSCN0069-250.jpg


あけましておめでとうございます。今年も国立けんぼう窯をよろしくお願いいたします。



あっという間に1月になってしまいましたね。これから梅が咲き、桜を待つ季節を迎えることになりますね。皆様はどこで新年を迎えていますか。僕はいつもながら家でテレビを見ながら年越しそばを食べながら年を越しました。昨年はおかげさまで風邪をひくこともなく、一年間健康に過ごすことができました。今年も健康で一年間が過ごせればうれしいです。明日は三浦三崎の親戚に年始の挨拶に行く予定です。道路が空いていればよいのですが、、、。それでは皆様良いお正月をお過ごしください。 国立けんぼう窯 岸野 和矢