2009年12月30日

今年の焼成がすべて完了しました。

昨日、一昨日で素焼きの焼成が完了、今日は朝から本焼きの焼成をして只今、今年の焼成がすべて完了しました。なぜか12月は切り良く片付けたくなってしまいますね。ぎりぎりになってしまいましたが、明日は窯の部屋の大掃除(どこまでできるかわかりませんが)をしようと思っています。今年もぎりぎりになって一台の窯にトラブルが発生しましたが、何とか修理して最終焼成にこぎつけました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年12月29日

午前中に打ち合わせを済ませ、久々に浅草をぶらぶらしました



今日は道路がガラガラだったので、車で浅草に行ってきました。国立から浅草までは道路がすいていると40分ぐらいで行くことができます。浅草寺の前の駐車場にもすんなりと駐車できたのでラッキーでした。いつもは町をぐるぐる回りながらあいているパーキングを探し回るのですが、年末でもこんな日もあるんですね。昼食場所を探しながらぶらついている途中、新仲見世のアーケード看板の上に何か煙突のようなものが見えました。もしかして、建設中の東京スカイツリーではと思い、とりあえずシャッターを切りました。そのまま隅田川にかかる駒形橋に移動して確認したところ方向的に確かにスカイツリーでした。あと何ヶ月かで完成してしまうのですね。次は完成した写真を同じ場所から写してみたいと思いました。国立けんぼう窯 岸野 和矢
仲見世250.jpg
スカイツリー250.jpg


2009年12月25日

真冬の日差しの中でロウ梅のつぼみが黄色く膨らんできました。



南の道路面に植えてあるロウ梅がもうすぐ咲きそうです。いつもこのロウ梅は春いちばんに咲いてとても良い香りを漂わせてくれます。その横では、くろもじの木が新芽を大きく伸ばし始めています。今日は朝からあちこちに植えてある木々の枝切りをしました。毎年切っているのに気がつけばあちこちの木がすごいことになっています。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
ロウ梅250.jpg
くろもじ.jpg


2009年12月23日

金魚鉢の掃除をしました。



教室の玄関に置いている金魚鉢の水替えと一緒に鉢の掃除をしました。鉢の内側のぬめりを取るとすっかりきれいになりました。この金魚を入れてからまだ一年もたたないのにずいぶん大きく育ったような気がします。今日は今月25日が締め切りの陶工房の次号の原稿をまとめる予定です。連載は三か月に一度ですが、すぐに締めきりが近付いてきます。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
kingyo250.jpg


2009年12月19日

寒さの中まだバラが咲いています。今年も残り少なくなりましたね。



今朝、氷が張ったというのに、まだ教室の北側のピンクのバラが頑張って最後の花をつけています。このバラは10年ほど前に購入して植え付けたもので確か、サウスウインドーという名前が付いていました。とにかく病気にもならずに毎年、春から今頃までずっと咲き続けてくれます。今年も十分に楽しませてもらいました。それから昨年から育てている山帰来(サルトリイバラ)という雑草のつる性の植物ですが、今ごろ紅葉してきました。夏の濃い緑も良いですが、紅葉した葉もなかなか風情があります。来年は実をつけてくれることを期待してこれからも育ててみます。身の回りの植物にも一年間ほんとに楽しませていただきました。また、春の芽吹きを楽しみにしたいと思います。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
DSCN0056-250.jpg
DSCN0057-250.jpg


2009年12月17日

明日、18日(金)夜10時、TBSドラマおひとりさま最終回です。 



12月9日にけんぼう窯の教室で2回目の撮影を行った陶芸教室のシーンが明日の最終回で放映されますので是非ご覧ください。前回と同様、観月ありささんと真矢みきさんのロクロシーンです。もちろんロクロは前回より上達していますよ。もちろん、今回も生徒エキストラとして前回の参加者3名と今回が初めての1名が出演していまのでその辺も注目してくださいね。前回は女優さんにエキストラのみなさんは本物ですかと質問されました。やはり、みんなの手なれた作業の様子でわかるみたいですね。 写真は第2話の撮影風景です。おひとりさま公式サイトに載っているものを転載させていただきました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
おひとり4-2.jpg


2009年12月11日

おひとりさま公式サイトに陶芸教室シーンの撮影の様子が公開されていました。



先日放映されたおひとりさまの第2話の撮影の様子がTBSの公式サイトに載っていました。楽しい雰囲気の中で行われた撮影中の会話と撮影シーンの写真が掲載されていました。この記事は昨日、生徒の方から教えていただき、今日思い出してサイトで確認しました。そういえば、撮影中にスタッフの方からホームページに写真を掲載してもよいですかと声をかけられたことを思い出しました。サイトのURLをお知らせいたします。URLをクリックしていただくとご覧いただけます。 国立けんぼう窯 岸野 和矢 http://www.tbs.co.jp/ohitorisama2009/report/report12.html


昨日は炎芸術(次号)101号の撮影をしました。



ドラマの撮影に続き、昨日はまた炎芸術の撮影をしました。91号から開始した陶芸技法の連載ですが100号で一応、制作の基本編が完了したので、昨日は101号からの新規連載の初回分の撮影をしました。木曜日で教室がお休みなので、二階の教室と一階の教室を使って行いました。次号からは、 さらに技法の細部に的を絞って解説したいと思っています。今日は冷たい雨が降っていますね。でもスキー場にはまだ雪が降っていないようですね。 国立けんぼう窯 岸野 和矢


2009年12月09日

某テレビドラマの撮影を行いました。



いよいよ佳境に入っているドラマですが、最終回「第10話」でまた陶芸教室のシーンが登場します。三日ほど前に、突然依頼があり、再度お引き受けしました。朝6時半から準備が始まり、撮影は8時スタートでした。今回は2回目ということで、みなさん手早く作業していました。オンエアーが近付きましたらまた詳しい内容をお知らせいたします。
おひとりさま1.jpg
おひとりさま3.jpg
おひとりさま4.jpg


2009年12月06日

マッサジルをお招きして忘年会開催しました。



お笑いコンビのマッサジルさんが、また、けんぼう窯の忘年会に来てくれました。暮れのお忙しい時期ですが忘年会への参加をお願いしたところ、快く引き受けてくれました。会場は去年と同じ、国立駅近くの「雅月」という中華のお店の二階でした。今回は、お二人には、ネタ二つとビンゴ大会を仕切っていただきました。参加者の皆様、どうもお疲れ様でした。マッサジルさんありがとうございました。一年はほんとにあっという間ですね。国立けんぼう窯 岸野 和矢
massa-1.jpg
massa-3.jpg
massa-2.jpg


2009年12月02日

炎芸術の次号からの連載の打ち合わせをしました。



一昨日、炎芸術の編集長が次号(第101号)からの連載の打ち合わせのために訪ねてきました。僕の炎芸術の陶芸技法の連載は、とりあえず100号で完了したのですが、さらに次号から新しい連載を続けてほしいとの依頼受けました。もちろん、ありがたい話なので喜んでお受けすることにしました。次号からは、さらに細かいところにスポットをあてて陶芸技法を解説したいと思います。釉薬のことや粘土のことなど、教室でみなさんにいつも質問されることイコール読者のみなさんが最も知りたがっていることだと思うので、その点を踏まえてわかりやすく解説したいと思っています。 国立けんぼう窯 岸野 和矢