2009年11月29日

登り窯の窯出し風景と作品の写真、そして備前旅行の写真をホームページにアップしました。

11月8日の窯出しからだいぶ時間が経ってしまいましたが、やっと窯出しの写真をアップすることができました。今回の窯出しはとても天気がよかったので、明るい雰囲気の写真が撮れました。ぜひご覧ください。次回の焼成は来年5月を予定しています。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
nk.16.jpg

2009年11月28日

備前の旅に行ってきました。



陶芸教室国立けんぼう窯では、かれこれ20年以上にわたって、毎年2回、国内や海外各地の窯を巡る旅を開催していますがこれだけ続けていると、国内の主だった窯元は、すでにほとんど訪問してしまっています。そんなことで今回の備前も二回目、約20年ぶりの訪問になります。今回は二泊三日の旅でしたが、途中で奈良公園と赤膚焼の窯元を見学後に奈良に一泊してから備前を目指しました。今回は3列シートのゆったりしたバスを利用して国立から全行程をバスで移動する企画でしたが、細かく休憩を取りながらの移動でしたので、新幹線や飛行機よりむしろ楽しい旅ができたと思います。備前の町が奇麗に整備されていたのには驚かされました。備前では、窯焚きの職人さんの実感のこもった話に皆様真剣に耳を傾けていました。皆様どうもお疲れ様でした。またいろいろ楽しい旅を企画したいと思います。 国立けんぼう窯 岸野 
bizen.250.143.jpg
bizen.250.147.jpg
和矢
bizen.250.5.jpg
bizen.250.59.jpg
bizen.250.74.jpg
bizen.250.91.jpg
bizen.250.111.jpg



 



 


2009年11月24日

明日は朝7時に出発です。備前焼の旅

今年2回目の教室の親睦旅行になります。国立からバスで奈良を経由して岡山の備前焼を目指します。今年は二回とも国内の旅になりましたが毎回皆様が楽しみにされているので、いつも企画には気合が入ります。どうやら明日の朝は雨模様ですが、その後は晴れマークが並んでいるので、きっと良い旅ができると思っています。戻りましたらまた写真を掲載しますのでぜひご覧ください。それでは行ってきまーす。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年11月19日

お笑いコンビのマッサジルの長谷川さんがお見えになりました。

昨日、忘年会の打ち合わせでお笑いコンビのマッサジルの長谷川さんに会いました。今年どんなネタを披露していただけるかとても楽しみです。そうそう、2~3日前にテレビでマッサジルが出演している場面を見ました。じりじりとブレイクしてほしいと願っています。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
massajiru_0802[1].jpg

2009年11月16日

忘年会の申込書配布完了しました。



今年もいろんなイベントを開催しましたが、今月末の備前焼の旅と来月6日の忘年会開催と、の残すところあと二つとなりました。忘年会は、去年と同じ中国料理の雅月で開催します。今年もゲストにお笑い芸人の「マッサジル」を迎えて楽しい会にしたいと思います。昨日たまたまテレビを見ていたら「マッサジル」のお二人が出演していました。今年は忘年会でどんなネタを見せてくれるのでしょうか。今から楽しみです。国立けんぼう窯 岸野 和矢


2009年11月12日

今年の登り窯もこれで完結しました。登り窯の冬支度をしてきました。



窯出しも終わり、今年の登り窯での作業もすべて終わりました。今日は朝から登り窯の冬支度行ってきました。先日作った薪小屋にまだ片付け切れていなかった薪を詰めた後、水道の元栓を閉めて午後2時に現地を後にしました。今日は霧雨混じりの肌寒い日で、気温は6度までしか上がりませんでした。また来年の三月末ごろの雪解けまで窯の準備は一休みです。来年は5月の末ごろの焼成を考えています。国立けんぼう窯 岸野和矢
100_1267-250.jpg



 


2009年11月08日

登り窯の窯出しに行ってきました。焼成結果は、大成功でした。



久々に晴天の中での窯出しでした。途中、小春日和の奥多摩湖はまるで鏡のように周りの山を映していました。こんなに風がない穏やかな日はめったにないでしょう。紅葉の奥多摩路を一路登り窯を目指して走りました。約2時間半、予定通りに登り窯に到着しました。例年は木枯らしでほとんど散ってしまっているはずのモミジもまだみごとな紅葉をみせてくれていました。今回は21名、窯焚きと同じ人数に参加していただき、約3時間で作業は終了しました。みんなで順番に窯の中に入り、焼きあがりじっくりと観察してもらいました。自分で置いた場所の作品がどのように変化を遂げているのか。とにかく自分の目で確かめていただくことが一番です。作業が終わってから、おいしいお弁当を食べて、現地を後にしました。 参加者の皆様、どうもお疲れ様でした。
窯出し5-350.jpg
窯出し4-350.jpg
窯出し3-350.jpg
窯出し2-350.jpg
窯出し1-350.jpg


2009年11月05日

朝6時から秩父からの薪の搬入に立ち会ってきました。



初めて薪を依頼した業者なので、今日は朝から山梨に向かいました。朝7時半に山梨県の牧丘の道の駅で秩父からの業者を待ちました。約30分遅れで2台のトラックが到着。そのまま現地に向かいました。登り窯に到着するなり、2台のチェーンソーで薪のカットが始まりました。いつも、プロの使うチェーンーの切れ味のよさにはびっくりさせられます。午後2時ごろまで作業して、新しい薪小屋に約三分の一程薪を積み上げたところで今日の作業は終わりにしました。周りのモミジの美しかったこと。また来週木曜日に続きの作業に行く予定です。 国立けんぼう窯 岸野 和
IMG_1137-350.jpg
IMG_1138-350.jpg

IMG_1144-350.jpg
  
IMG_1139-2-350.jpg


2009年11月04日

明日は朝6時に登り窯に向かいます。

この秋は何回登り窯に通ったのでしょう。明日は秩父から薪が届くので、山梨で落ち合ってから現地に誘導します。今月末には現地は雪が降るかもしれませんので、今が運ぶのにはぎりぎりのタイミングです。先週は岩手の薪が届いたので、これで来年2回の焼成分としては十分な量になります。先日作ったばかりの薪小屋がさっそく役に立ちます。とにかく間にあってよかったです。それでは行ってきまーす。そうそう、先週、窯からの帰り道で面白い風景を見つけたので、写真を撮っておもしろ珍百景に応募してみようかな。一応カメラを持っていきます。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年11月01日

焼きたての植木鉢に小さなモミジを植えてみました。

今年が出たばかりのモミジの葉も見事に紅葉しています。たった二枚の葉ですが、深まる秋を感じさせてくれます。今、登り窯の周りにはモミジの木が沢山茂り、紅葉の真っ盛りです。そんな環境で見つけた小さなモミジです。小さいけど一人前ですね。国立 けんぼう窯 岸野 和矢
紅葉1-350.jpg
秋の窯350.jpg