2009年08月30日

12チャンネル「埋もれ火」再放送されます。9月2日夜9時から。



2006年2月の末にけんぼう窯の登り窯で撮影された、中村梅雀さん主演の「信濃のコロンボシリーズ」の「埋もれ火」が9月2日(水)夜(9時から11時)に12チャンネルで再放送されます。2006年2月の末iに、雪の残る登り窯と山の施設を使って撮影しました。監督の洒落心で私も大根役者で銀座のギャラリーのオーナー役で出演させていただきました。ぜひご覧ください。
g-32[1].jpg
g-33[1].jpg
g-34[1].jpg
g-35[1].jpg


2009年08月29日

炎芸術100号の陶芸技法連載コーナーの写真撮影が無事終了しました。



作日、約束の朝九時に編集部の田中さんとカメラマンの小山さんが見えました。約30分ほど段取りの打ち合わせをしてから撮影が始まりました。下書きの方法から始め、いろいろな絵具を使いながら5~6点を仕上げました。昼に三人で外でチャーシューメンを食べてから再度撮影を開始し、気がつけば夕方五時半になってしまっていました。今回は細かい作業の連続でしたのでちょっと疲れました。どんな焼き上がりになるか楽しみでもあり、心配でもあります。これでやっと夏休みの宿題が終わりました。ぜひ炎芸術100号をご覧ください。今日は一日のんびりしたいと思います。昼過ぎに外に出てみると暑さのせいかほとんど人通りがありませんでした。国立けんぼう窯 岸野 和矢
R1115166-350.jpg
R1115136-350.jpg


2009年08月27日

明日は朝から炎芸術次号(100号)の撮影です。



ただ今、明日の撮影の準備で一階の教室の作業台の上はごちゃごちゃの状態です。今回も前回に続き、テーマは表面装飾技法ということなので、あらかじめ形を作って本焼きしておく必要がありました。スケジュールと内容の打ち合わせから約三週間ほどありましたが、ぎりぎり、明日の撮影に間に合ったという状態です。一部はまだ窯の中で冷まし中ものもありますが、明日の朝には出せそうです。今、まさに夏休みの宿題の追い込みといった感じです。今日、午前中に撮影で使う器の絵付けのデザインを画用紙に実物大で描けば準備完了ということになります。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
R1115131-350.jpg
画像 368-2.jpg


2009年08月20日

今日はお休みなので桃とブドウを食べに山梨に行ってきました。

お盆の混雑がうそのようにきょうの中央道は空いていました。桃の農家で今年最後の桃を試食。農家の人の話によると、今年の桃はいつもの年より早く収穫が終わってしまったようです。「これが今年の最後の最後の桃ですよ」と言われてちょっとさみしくなりました。もう秋ですね。次に葡萄がたくさんなっているお店に立ち寄り、何種類か試食して秋一番の味を楽しんできました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
DSCF0062-350.jpg

2009年08月17日

お隣の立川市羽衣町のねぶた祭りを見に行ってきました。

けんぼう窯から徒歩15分の立川市羽衣町商店街で、おとといから毎年恒例のねぶた祭りが開催されました。昨日16日が最終日だったので夕食後に散歩がてらに観にいってきました。普段は人通りの少ない商店街ですが、まっすぐ歩けない程の盛況ぶりでした。日本の夏は祭りですね。ホタテ焼きとちぢみがおいしかったです。こんな近所でねぶたがみられるとは、感動でした。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
IMG_0224-350.jpg
IMG_0231-350.jpg
IMG_0276-350.jpg
IMG_0244-350.jpg

2009年08月15日

教室の前の道路は車も人通りも少ないです。

今朝は妙に静かな朝を迎えました。あまりに静かなので外の通りを見てみると、駅に向かう富士見通りまでの間、全く人も車も見えません。みんなどこかに出かけてしまっているみたいですね。僕は今年のお盆休みはどこにも行かずに国立でのんびりとしたいと思います。ちょうど良い時間なので、月末に炎芸術100号の連載記事の写真撮影があるので、連載する器のデザインを考えたいと思います。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
100_1220-350.jpg

2009年08月14日

明日から17日まで3日間、教室はお休みです。

立秋を過ぎてから、やっと、夏らしい日差しと暑さが戻りましたね。今、玄関脇のハイビスカスがオレンジ色の大きな花を咲かせています。真夏の日差しが似合いますね。明日は、昨日焼成した三種類の新しい釉薬のテストピースが窯から出せるので楽しみです。面白い結果が出ましたら九月から新釉薬として教室で使えるようにしたいと思います。皆さんにきっと喜んでいただけると思います。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
IMG_0206-350.jpg

2009年08月11日

今朝の地震、ぴっくりしましたね。

お盆休みを前に今朝の地震で東名高速が不通になってしまいましたね。一昨日の地震で棚の上の作品が少し移動していたので、昨日、夜の部が終わってから、なんとなく気になって棚の上の不安定な作品を下の作業台に移しました。そしたら今朝の地震でした。ちょっとびっくり。けんぼう窯開設26年になりますが、20年ほど前に地震で一度だけ作品が落ちたことがあります。その時は、作品棚を手で抑えていたのですが、底の小さなぐいのみが床に落ちてしまいました。今回は何も壊れずにやれやれでした。お盆が近づき、窓辺のデラブドウも少し色づいてきました。つまんで食べてみたらもうすっかり甘くなっていました。いつも雀に食べられてしまいますので、今回は雀が気がつく前に収穫しようと思います。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
R1115012-350.jpg

2009年08月07日

炎芸術第100号の連載の打ち合わせをしました。

朝からみっちりと時間をかけて次号(100号)の連載内容を確認しました。先日99号が届いたばかりなので、ホッとする間もなく撮影に入ります。次号は記念号なので少し華やいだ内容にしたいと思っています。国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年08月04日

炎芸術99号が届きました。陶芸技法連載中/下絵つけの技法

ただ今、僕が陶芸技法を連載中の炎芸術99号(阿部出版)が届きました。今回は下絵付けの技法を解説させていただきました。陶芸を楽しんでおられる方の中には、絵付けは苦手という方が多いのですが、いざ取り組んでみると意外に楽しかったりして、、、。今回の絵付けは筆を押し付けるだけでできる絵付けや、簡単な線と点だけでできる技法など、簡単で見栄えの良い絵付けに絞って紹介しました。とにかく絵付けが苦手とおっしゃる方にも気軽にチャレンジしてほしいと願っています。陶芸教室 国立けんぼう窯 岸野 和矢
honoo-1.jpg
honoo-2.jpg