2009年06月28日

天候に恵まれた会津本郷焼の旅でした。

梅雨のシーズンで天候の心配がありましたが、幸運にも二日間とも天候に恵まれ有意義な旅になりました。約15年ぶりに訪ねた福島県会津本郷でしたが、前回は途中の五色沼あたりで真っ暗になってしまったのですが、今回は五色沼に到着したのは午後三時、新しい高速道路の威力はさすがです。五色沼散策後、午後四時ごろに本郷焼の宗像窯に無事到着することができました。宗像窯にはあらかじめ連絡しておいたので、登り窯の内部も見せていただくことができました。あいにく8代目当主は所用でおられなかったのですが、とても気さくな奥様が丁寧に解説してくれました。前回訪問した際には7代目の亮一氏がわれわれを案内してくださったのですが、今は少し体調を崩されてお休みされているとのことでした。登り窯見学の後、ショールームでお茶をごちそうになり、宗像窯をあとにしました。暑い中100メートルも離れた駐車場までわれわれを見送りに来てくださった奥様に宗像窯のますますのご発展を感じました。亮一氏のお孫さんもすでに工房で作業に加わっているご様子で、ご家族の方の温かさが伝わってきました。おかげさまで。とても有意義な旅になりました。市内の郷土料理の店で夕食後、ライトアップされた鶴ヶ城を散策してホテルに戻りました。
宗像窯3-350.jpg
宗像窯4-350.jpg
宗像窯2-350.jpg
会津本郷 宗像窯 350.jpg
宗像窯5-350.jpg

2009年06月25日

明日は福島県会津本郷焼きの旅に行ってきます。



明日の出発に備えて今日は会津本郷焼きについての簡単な資料を作りました。明日、バスの中で参加者の皆様にお渡しする予定です。朝七時半に国立駅の南口の大学通りを出発します。幸い天気予報によると雨の心配もなく、平日ということでおそらく予定通りのスケジュールで旅ができると思います。今回は一泊二日なので窯元の見学も一か所にしましたので、ゆったりとしたスケジュールの旅になると思います。東北地方の緑いっぱいの景色が楽しみです。昨日の朝、早起きして散歩していたら道端に八重のどくだみが咲いていました。独特な形なので写真に撮ってみました。二本いただき、鉢に挿してみました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
R1114633_edited-1.jpg


2009年06月23日

マジシャンKrakenさんからの御礼状。

6月15日朝、倉持さんという方から登り窯で撮影したいとの電話を受けて、昼に国立駅で待ち合わせをしました。時間がなかったので、詳しい話は行きの車の中で尋ねることになったのですが、この3人の方は全員プロのマジシャンでした。マジックと登り窯がどんな関わりになるのか興味津々でした。しかし、この日はどうしても夜の教室が始まる前には帰ってこなくてはいけないので、撮影に使える時間は約2時間しかとれないことを話して現地に到着しました。短時間でしたが3人で話し合いながら手際よく無事必要なシーンは終了。一目さんで中央道を突っ走って国立に戻り、7月5日のショーを見せていただく約束をして国立駅で別れました。世界を視野に入れたプロの若者三人のエネルギーに満ち満ちている話からたくさんのエネルギーをもらった感じです。元気に満ちたマジシャンに感動した一日でした。7月5日五時から倉持さんが企画プロデュースするショー、第一回雑芸の頭「ぞうげのとう」が開催されるとのことなので、ぜひ観せていただこうと思います。当日は午後の教室があるので、午後六時ごろの到着になる旨をご本人に伝えました。今日、ご本人から先日の撮影の御礼状をいただきました。彼の企画はきっと大成功をおさめると実感しました。当日が楽しみです。国立けんぼう窯 岸野 和矢
R1114677-350.jpg
R1114680-350.jpg

2009年06月22日

今日も夕方から昨日の撮影の続きをやりました。

今回の撮影は、昨日と今日の二回に分けて行いました。歴史ミステリーという番組で放映は七月末ごろということです。僕もおしゃべりしながら番組に登場する予定ですのでぜひご覧ください。正確な日時と内容がわかり次第お知らせいたします。 このところ年に何回か芸能関係の仕事を頼まれ、その中には無理難題も多々ありますが、これも意外に楽しいです。今回の課題も難題の部分に入ると思います。ひとつ頼まれるとまた新しい発見と巡り合えるので、撮影の仕事はいつも楽しみにしています。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年06月21日

午後の教室が終わってから教室内でテレビ番組の撮影をしました。



午後6時、約束通りテレビ番組の撮影スタッフが到着。いつもながらさすがに時間に正確です。教室が4時30分に終わりちょうどこちらもセッティングが終わったところだったのでスムーズに撮影が始まりました。ちょっとしたハプニングもありましたが二時間かけて無事終了。今回は私も技法の説明でちょっとだけ出演しますのでタイミングが合いましたら是非ご覧ください。番組名と放映日は決まりましたらお知らせいたします。 国立けんぼう窯 岸野 和矢


2009年06月18日

福島県会津本郷焼の旅実施が決まりました。

先月末から募集していた福島県会津若松と本郷焼の旅の実施が決まりました。6月26日27日の一泊二日で窯元の見学と緑いっぱいの会津地方を散策するツアーです。募集期間が短かったので、実施が心配されましたが、人数が集まり実施の運びとなりました。金曜日と土曜日なので道路もすいていると思います。今日、参加メンバー表を旅行会社に送ります。本来は台湾の旅を企画していたのですが、計画中に豚インフルエンザが発生してマスコミが毎日大騒ぎしていた時期だったので、やむを得ず国内の旅に変更したのですが、とにかく実施にこぎつけてよかったよかった。陶芸ツアーを楽しみにしてくださる方が多いので、これからも良い旅を計画したいと思います。ちなみに台湾は秋に再度実施する予定で準備を進めています。 今、教室の玄関では朝顔に似た形の花をつけるツンベルギアが満開です。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
100_1128-350.jpg

2009年06月15日

なぜか三人のマジシャンと登り窯に行ってきました。

朝十時に突然登り窯で撮影がしたいと電話があり、急きょ今日の撮影が決まりました。12時に国立駅で待ち合わせして、若いマジシャン3人と車で登り窯に向かいました。マジックと登り窯がどこでつながるのか不思議でしたが、走りながら演出についての話を伺うと、なるほどこれは面白い、シュールなマジックショーになりそうだと思いました。7月5日に公演があるそうなので彼らが中心なって企画、演出しているマジックショーをぜひ観せていただこうと思います。マジックのショーを目の前で見たことがないので今回の演出を含めてとても楽しみです。山のもみじの新芽がとてもみずみずしく輝いて見えました。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
-350.jpg
100_1089-350.jpg

2009年06月13日

昨日は夜の撮影が延期されました。

昨日某テレビ番組の撮影の予定だったのですが、天候の都合でスケジュールが変更になり、後日改めてということになりました。昨日は期中菜晴れなので、外で取れるシーンの撮影が先行されたようです。梅雨時の撮影は大変ですね。 きっと面白い番組になると思います。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年06月11日

明日の夜12チャンネル某番組の収録の手伝いをします。

明日金曜日は教室がありますが、夜、12チャンネルの番組担当者とお会いすることになっています。昨日の電話で緊急に決まったスケジュールですので僕の空き時間は、夜しかないので合わせていただきました。昔の陶器の扱い方についての検証といった内容になると思います。どんな収録になるのかまだわかりませんが、明日ともう一日使って収録するようです。詳しいことが決まりましたらお知らせいたします。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年06月07日

今年もいろんな植物が実をつけました。

絵付けのモチーフ用にといろいろな植物が教室の周りに植えてあるのですが、特に今年は実のなる植物が元気です。サルナシも黄緑色の実を沢山つけました。この植物はまたたびの仲間だそうで、実の大きさは約2㎝程度です。秋には黄色く色づいて食べられますが、味はまさにキーゥィーです。また、1階の教室の窓辺のデラブドウの実も膨らんできました。このデラブドウは毎年おいしく熟したころ、すすめがほとんど食べてしまいます。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
103_0998-350.jpg
103_1003-350.jpg

2009年06月03日

朝から炎芸術次号の撮影をしました。

陶芸技法の連載もこれで確か3年目に入ったと思います。いつもどおり編集部の田中さんとカメラマンの小山さんと三人で朝九時から撮影に入りました。二階の教室はすべて使っているので今日は一階の教室を使って行いました。今日はあらかじめ用意しておいた素焼の作品にいろいろな技法で表面を加える作業を撮影しました。じっくりと6時間ほどかけて目的の工程は無事終了しました。いつも撮影のときは3人で食事に行くのですが、前回寿司だったので今回は近所の「信川円」でおいしい鰻を食べました。次回は中華かな。今回の作品は今週中に本焼きしてから出版社に送ります。 国立 けんぼう窯 岸野 和矢