2009年03月30日

18回作陶も展無事終了しました。

昨日3月29日で作陶展も好評のうちに終了しました。今年も力作ぞろいでした。やはり、年に一度はみんなで鑑賞し合う機会を設けたいですね。大勢の参加者の皆様、そして、おいしい差し入れをいただいた方々、皆様のご協力に心から感謝いたします。来年もまた楽しい作陶展やりましょうね。来年は春の登り窯焼成の後に開催しようと考えています。今日は、お休みなので新粘土の本焼き焼成テストをしています。期待通りの焼き上がりになったら四月から教室で使いたいと思います。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
IMG_8670-350.jpg
IMG_8732-350.jpg
IMG_8671-350.jpg

2009年03月29日

新しい粘土のテストをしています。

展覧会の期間中ですが、新たな粘土を一種類加えようと思い、粘土業者から何種類かの粘土サンプルを取り寄せて、空いている時間にサンプル作りをしています。最終的に三種類の粘土で作ったものを焼き上げてみてから特に面白い仕上がりのものに決めたいと思います。四月の初旬には簡単なサンプルとともに用意できると思います。 乞うご期待。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年03月27日

今作っている陶芸本の校正が完了しました。

作陶展の開催中に今制作中の本の校正用の原稿が送られてきました。約100pの内容をチェックし校正が完了したものを先生方に見てもらったところ、全部修正したつもりが新たな間違いが三か所も見つかりました。直せてよかったです。これを明日、月曜日の午前中必着の指定で出版社に発送します。どうやら予定より早く出版されるかもしれません。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年03月23日

桃の花が咲きました。シャガのつぼみも見えました。

彼岸に入り、暖かなが続きましたね。教室の周りに植えた草花も急にこの暖かさで賑やかになってきました。駐車場のフェンスの陰では早々と桃の花がほぼ満開になっていました。あまりの開花の早さに見過ごしてしまうところでした。それから昨年の秋にいただいて植え付けたシャガにも花芽が立ち上がってきました。こちらは今月中に咲き始めそうです。明後日から始まる作陶展に合わせていろんな花が咲きそうです。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
IMG_8657-35.jpg
IMG_86-35.jpg

2009年03月20日

作品の撮影に山梨に行ってきました。

朝九時にけんぼう窯に集合して、作品の写真撮影のためにお願いしたおいた山梨県の撮影場所に向かいました。この写真は今制作中の本に載せるための写真なので、特に気合いを入れて写してほしいとの思いがあります。貸していただいたお店の方にも手伝っていただきながら、午後三時ごろまでかかって撮影を終えました。そしてそのまま国立に引き返し、今度はお願いしていた近所のお寿司やさんのカウンターで一点撮影させていただいて、すべて無事終了しました。写真家の小山さん、編集部の田中さん一日お疲れ様でした。山梨県の桜もピンクに色づき開花直前といった感じでした。本は四月末か五月初旬に発売されるとのことでした。 国立けんぼう窯 岸野 和矢
skkura-350.jpg
桜ー350.jpg

2009年03月17日

陶工房次号の連載記事を出版社に送りました。

前回の号で終了使用としていた中国の窯巡りの記事の連載コーナーですが、もうしばらく現地のおもしろい話題などを思い出しながら連載を続けることにしました。今回は中国景徳鎮大の代表的な製品について解説させていただきました。内容はまだ説明できませんが、次号は四月中の発売になると思いますので、発売されたらのぞいてみてください。国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年03月12日

明の朝はは素焼きと本焼きの窯出しです。



明日は朝一で三台の窯の窯出しをします。素焼きが二台、本焼きが一台。このところしばらく天気が悪かったせいで作品の乾燥が送れてしまい、なかなか素焼きができませんでした。急いで焼くと水蒸気爆発してしまうので、本焼き中の窯の部屋の中で乾燥させました。登り窯に入れるための作品が急ピッチで作られていますので、何とか皆さんの作品が間に合うように対応したいと思っています。


2009年03月09日

作陶展の作品が少しずつ集まってきました。

今月24日~29日まで教室の作陶展を開催しますが、参加者の申し込みの出足が遅かったのですが、開催日が近づくにつれて参加申し込みが増えてきました。さて今回はどんな作品が登場するのか楽しみです。せっかく作った作品ですから年に一度くらいはみんなで並べて鑑賞したいですね。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年03月06日

先日のアイドルの少年が作った作品が完成。

制作風景と絵付けの風景を二回に分けて撮影した某アイドルの作品が焼きあがりました。作品は五点。初めてのろくろ作品としては上出来の作品です。本人のお顔と作品は、まだお見せできませんが、いずれOKがとれたらお見せできるかもしれません。ビックになってほしいですね。 国立けんぼう窯 岸野 和矢

2009年03月02日

プロモ撮影2回目

日曜日の午後の教室が終わってから、撮影スタッフと某アイドルの少年が到着しました。今回は、前回作った作品の絵付けを行いました。上絵付けで鮮やかな色彩で若々しい色づけができました。さて、どんな映像にまとまるのか楽しみです。国立けんぼう窯 岸野 和矢