国立 けんぼう窯のブログ

■2015/08/16 本日8月16日の陶芸教室は、隙すきでした。
本日8月16日の陶芸教室は、隙すきでした。
13日、14日、15日と3日間お盆休みをいただき、今日、16日から教室が始まりましたが、まだ16日ということで、教室はすいていました。
お出かけ帰りの方や、お休み疲れで静養中の方が多かったのかもしれませんね。・・・
■2015/08/15 お盆休みの3日間、テレビと雑誌の仕事に集中しています。
お盆休みの3日間、テレビと雑誌の仕事に集中しています。
お盆休みの3日間、テレビと雑誌の仕事に集中しています。
今年のお盆休みは、13日.14日、15日の3日間ですが、今回は、なぜかこのお休みに仕事が集中。
教室開催中には、なかなか時間が取れなかったので、ついつ・・・
■2015/08/14 クッキーみたいな、かわいい小鳥の箸置きが焼き上がりました。
クッキーみたいな、かわいい小鳥の箸置きが焼き上がりました。
6㎝ほどの大きさの作品ですが、とてもかわいい感じに焼きあがりました。
生徒のHさんの作品です。
信楽水ひ粘土で作り、松灰がかけられています。
水色の部分は、ガラスの粉をスプーンで軽く盛り付けて、その・・・
■2015/08/11 お笑い芸人カンカンさんに、よく似た人が陶芸教室にみえました。
お笑い芸人カンカンさんに、よく似た人が陶芸教室にみえました。
今日は、お笑い芸人のカンカンさんの陶芸体験の予約をお受けしていたのですが、カンカンさんが忙しいということで、代わりにカンカンさんによく似た人とその奥様が陶芸に見えました。

作品が出来上がったとこ・・・
■2015/08/10 TBSテレビ「何で何で何で」今日放映されました。
TBSテレビ「何で何で何で」今日放映されました。
写真は、テレビの画面のものですが、100円ショップのキャンドゥーさんの中で撮影されたものです。
どんな形で編集されているのか実際に放映されるまでわからないので、とにかく撮影された映像がしっかりと使われ・・・
■2015/08/08 夏の夜空の皿。星や星雲が空いっぱいに広がっているみたい。
夏の夜空の皿。星や星雲が空いっぱいに広がっているみたい。
真っ黒な粘土で、電動ロクロを使って丁寧に作られた素焼きの皿に、いろいろな種類の釉薬を、微妙に重ね合わせて、まるで星空のような景色に仕上げられています。
日本の器は、常に季節感や景色を大切にしますが・・・
■2015/08/06 新宿駅東口のスタジオアルタの6階でのロケでした。
新宿駅東口のスタジオアルタの6階でのロケでした。
昨日の「何で?何で?何で」のロケ地は、スタジオアルタの6階、100円ショップのキャンドゥさんの中で行いました。
ちなみに、7階がタモリさんの笑っていいともの収録が行われていたスタジオになっています。

・・・
■2015/08/05 TBS「何で何で何で」の撮影で新宿ロケにいってきました。
TBS「何で何で何で」の撮影で新宿ロケにいってきました。
8月10日(月)20時~21時、TBSテレビで放送されている番組です。
今回は、陶器についてのリポーター的な仕事を依頼されてのロケでした。
番組の内容は、身の周りでどうしてこれは、、、こうなっているんだろうと・・・
■2015/08/04 絵手紙みたいな絵付けの角皿。自由でのびやかな線ですね。
絵手紙みたいな絵付けの角皿。自由でのびやかな線ですね。
色のゴス絵の具で、スイカが描かれた角皿です。自由な線であっさりと書き込まれたスイカの絵付けが涼しさを感じさせてくれますね。
陶芸では、このような藍色のゴスで彩色する技法を染付と言います。
四角な器・・・
■2015/08/02 今朝、テレビ東京の「ポケモンゲットTV」放映されました。
今朝、テレビ東京の「ポケモンゲットTV」放映されました。
今朝7時30分から放映された、テレビ東京の「ポケモンゲットTV」の中の陶芸シーンです。
先月、けんぼう窯で撮影されたオードリーの春日さんの陶芸シーンです。
春日さんが制作した作品は、「いましめのツボ」と・・・
■2015/07/31 炎芸術123号(秋号)発売中。作陶入門講座連載しています。
炎芸術123号(秋号)発売中。作陶入門講座連載しています。
阿部出版から年に4回刊行されている炎芸術の2度目の連載も、この123号で丸2年、8回目になりました。
前回の連載と合わせると7年間連載させていただいたこと気になります。
ありがたい限りです。
今回はもうな・・・
■2015/07/30 還元焼成を行いました。不思議な色の炎が、、。
還元焼成を行いました。不思議な色の炎が、、。
外は猛暑、こんな今日、けんぼう窯の焼成室は50℃越えてまさに酷暑です。
外の猛暑も少し涼しく感じられます。
こんな状況の中、午後4時40分まで目標の1240℃を目指して還元焼成を行いました。
還元焼成とは、窯・・・
■2015/07/29 登り窯に薪つくりに行ってきました。夜はご豪雨に。
登り窯に薪つくりに行ってきました。夜はご豪雨に。
一泊二日の予定で薪つくりに行ってきました。初日は、現地に9時に到着すると気温は21℃、何とも涼しくて気持ちの良い朝の空気でした。
早速、チェーンソーを用意して、先月の続きの作業を開始。
さすがに力仕事・・・
■2015/07/27 素焼きと本焼きの窯が冷めたので、明日の朝、窯だしします。
素焼きと本焼きの窯が冷めたので、明日の朝、窯だしします。
一昨日50℃あった焼成室も、窯が冷めるのにつれて、ずいぶん作業しやすくなりました。
猛暑のなかで、2日連続で素焼きと本焼きをしたのですから、なかなか冷めなかったのも仕方がありません。
窯仕事は、冬場は・・・
■2015/07/26 これぞ上達のへの近道、朝から電動ロクロ漬けの一日でした。
これぞ上達のへの近道、朝から電動ロクロ漬けの一日でした。
午前10時から午後4時まで、ひたすら電動ろくろに向かって粘土と格闘。
たまには、こんな一日も楽しいものですね。
みんなで同じ目的で練習すると、おのずと集中力が増しますね。
電動ロクロが初めての方もベテ・・・
■2015/07/25 窯の電熱線が切れてしまったので、修理しました。
窯の電熱線が切れてしまったので、修理しました。
外気は33℃、窯の部屋はいつも余熱で温まっているので、今日も40℃越えです。
こんな中での作業は、とにかく気持ちが良いほど汗をかきます。
今日は本焼きの窯づめをしましたが、作業の前に一通り電気窯の電熱線・・・
■2015/07/23 作品用の棚を作りました。
作品用の棚を作りました。
一階の教室に新しい棚を作りました。
陶芸の作品が完成するまでには、いくつかの工程があるために、それぞれの工程で作品を保管して置く場所が沢山必要です。
今年4月からスタートした一階の教室も、完成当初は・・・
■2015/07/22 面取りの湯飲みとマグカップです。
面取りの湯飲みとマグカップです。
この作品はkさんの最新作です。
電動ろくろで、やや厚めに成形したものを、約1日乾燥させてから、ナイフを使ってそぎ落とすように面取りしてものです。
左側の湯飲みは、全体にキセト釉を掛けてから口の部分に・・・
■2015/07/21 金箔を貼り付けたフィルムをいただいたので背景にして、、。
金箔を貼り付けたフィルムをいただいたので背景にして、、。
新色、藤紫の釉薬を掛けた湯飲みが焼き上がったので、金箔フィルムを背景に使って写真を撮ってみました。
まるで金屏風の前のお殿様みたいな感じです。
高貴な紫色と金色は、不思議にマッチしてしまうものです・・・
■2015/07/19 電動ろくろで制作した筒形の花ビ瓶。3ヶ所面取りしました。
電動ろくろで制作した筒形の花ビ瓶。3ヶ所面取りしました。
電動ろくろで成形した直後、粘土がまだ柔らかいうちに弓を使って面取りした花瓶です。
周囲3ヶ所にそれぞれタイプの違う面取りを施してみました。
面取りは通常は、粘土が少し乾き始めたときにナイフなどでそぎ・・・
■2015/07/17 スペインブドウ畑。早春の風景を描いた大皿です。
スペインブドウ畑。早春の風景を描いた大皿です。
昔、スペインを新幹線で移動中に、車窓から見た農家とブドウ畑の風景を大皿にかきつけたものです。
ぶどう畑といいましても、日本のものとはちょっと事情が違うようで、赤土の畑に、ただ切り株が延々と並んでい・・・
■2015/07/16 上絵付けの皿、エーゲ海の船の上から見た島の風景です。
上絵付けの皿、エーゲ海の船の上から見た島の風景です。
昔、作った絵皿ですが、久しぶりに棚からおろして教室の入り口に飾ってみました。
真っ白な磁器粘土で作って本焼きしたものに、上絵の具で彩色したものです。
昔、けんぼう窯で、ギリシャの旅に行ったときにエ・・・
■2015/07/14 コーヒーカップのソーサーは、丸くなくても良いですね。
コーヒーカップのソーサーは、丸くなくても良いですね。
Fさんが制作したこのコーヒーカップ。色合いも素敵ですが、なんといっても独特な形状のソーサーが見事にマッチしています。

コーヒーカップとソーサーのセットを作ろうと考えたとき、コーヒーカップのお皿は丸・・・
■2015/07/12 オードリーの春日さんが作った作品が焼き上がりました。
オードリーの春日さんが作った作品が焼き上がりました。
先日、オードリーの春日さんが某テレビ番組ために制作した作品が無事に焼き上がり、今日は、窯から取り出すシーンを撮影しました。
作品は、ぼんやりしたものしかお見せできませんが
今日スタッフの方に無事に・・・
■2015/07/11 アジサイの壁掛け。紫色の釉薬で彩色されたものです。
アジサイの壁掛け。紫色の釉薬で彩色されたものです。
花の壁掛けを時々作制作されるTさんの作品です。
今回は、新色の紫色の釉薬を使ってアジサイの花びらに着色していただきました。
なかなかリアルなアジサイに仕上がりましたね。
花びらの真ん中は、銀色に発色・・・
■2015/07/10 テレビのロケで一昨日、オードリーの春日さんが見えました。②
テレビのロケで一昨日、オードリーの春日さんが見えました。②
今日、午後の昼休みの時間に、2回目の撮影が行われました。
前回制作した作品の撮影と、窯に入れるシーンなどを撮影し、最後にけんぼう窯の建物の昼間の外観を撮影しました。
約1時間の撮影でした。
撮影後に・・・
■2015/07/09 アンティーク風の石鹸置。素敵な色合いに仕上がりましたね。
アンティーク風の石鹸置。素敵な色合いに仕上がりましたね。
水色と白のあか抜けした色合いの石鹸置きが焼き上がりました。
昨日焼き上がった生徒作品です。
なんとなくアンティークな雰囲気が感じられる作品ですね。
アメリカンな洗面台とマッチしそうですね。

この・・・
■2015/07/08 オードリーの春日さんが、某テレビ番組の撮影に見えました。
オードリーの春日さんが、某テレビ番組の撮影に見えました。
突然、撮影が決まった番組撮影でしたが、何とか無事に終了しました。
実は、超多忙な春日さんということで、今日の撮影に備えて、昨日から準備していました。
今日の撮影は、春日さんが某番組で、壺つくりにチ・・・
■2015/07/07 ヒバの木の樹皮を押し付けて、角皿を制作。
ヒバの木の樹皮を押し付けて、角皿を制作。
Sさんの今日の課題は、丸棒で粘土を伸ばして、長方形の皿を作ることでした。
まず粘土の塊を手のひらで1㎝ぐらいの厚さに押しつぶし、そのあとで丸棒でお蕎麦を伸ばすように一定の厚さに伸ばしていきます。
あ・・・
■2015/07/05 濃筆(だみふで)を使って絵つけをしている様子。
濃筆(だみふで)を使って絵つけをしている様子。
Uさんが先週に続き、今日もゴス絵の具を使って絵付けを楽しまれました。
ゴスを使った彩色は、2回目だというのに、この完成度の高さには驚かされます。
写真は、薄めに溶いたゴス絵の具を太い濃筆を使って塗り・・・
■2015/07/03 葡萄のレリーフのお皿を還元焼成できました。陰影が見事に。
葡萄のレリーフのお皿を還元焼成できました。陰影が見事に。
山葡萄の葉が浮き彫りされている皿に、御深井釉(おふけゆう)を掛けて焼成した銘々皿です。
釉薬で、このような凹凸を表現することは、意外に難しいことで、考えに考えて釉薬を選んだつもりが、いざ焼き上がった・・・
■2015/07/02 焼き上がり直後の備前緋だすきのそばちょこ。
焼き上がり直後の備前緋だすきのそばちょこ。
窯の中で、焼く前に巻き付けたワラが、真っ白な灰となって残っているのがわかります。
白い灰の下には、赤い緋だすきと呼ばれる窯変が見事に現れています。
このそばちょこには、釉薬はかけられていませんが
・・・
■2015/07/01 夏休み親子陶芸一日体験のパンフレットを作りました。
夏休み親子陶芸一日体験のパンフレットを作りました。
今日は、陶芸教室のイベントのお知らせをさせていただきたいと思います。
今年もお子様向けに、夏休みの期間中に一日陶芸体を開催することにいたしました。
通常の陶芸教室は大人の方が対象となっておりますが・・・
■2015/06/30 若い柿の実の絵が描かれたかわいい小鉢が焼き上がりました。
若い柿の実の絵が描かれたかわいい小鉢が焼き上がりました。
今朝、還元焼成の窯から出したばかりの作品です。
今の季節の柿の実が優しいタッチて瀬描かれています。
生徒のUさんの作品です。
柿の絵は、藍色のゴス絵の具で絵付けをされていますが、陶芸では、ゴス絵の具・・・
■2015/06/28 けんぼう窯作品展、盛況のうち終了しました。
けんぼう窯作品展、盛況のうち終了しました。
作品3日目の今日は朝から天候に恵まれ、大勢の方がお見えになりました。
展示コーナーでは、お気に入りの作品に関して、制作方法などの質問にお答えしたり、販売コーナーでは、一緒に作品を選定したりと何かと忙・・・
■2015/06/27 ただ今開催中!陶芸教室国立けんぼう窯の22回目の作品展です。
ただ今開催中!陶芸教室国立けんぼう窯の22回目の作品展です。
昨日26日~開催中のけんぼう窯の作品展は、明日28日が最終日となりました。
フジテレビのドラマ、ようこそわが家への撮影で使われた登り窯で焼成した作品も沢山展示されています。
今回は、生徒作品にスタッフ・・・
■2015/06/25 明日6月26日~28日まで、けんぼう窯の作品展を開催。
明日6月26日~28日まで、けんぼう窯の作品展を開催。
去年に続き、今年も開催します。
今回は、なんと22回目の作品展の開催です。
生徒の皆さんの日ごろの力作がたくさん並びますので、ぜひお出かけください。
今回は、富士も通りに面した1階のスペースを使っての・・・
■2015/06/24 早くも、秋の登り窯焼成の準備が始まりました。
早くも、秋の登り窯焼成の準備が始まりました。
今日は、薪つくりに行ってきました。
天候が心配だったので、ちょっと早起きして朝7時に国立を出発しました。
なんと、中央道の初雁SAまでの間は久しぶりの快晴でした。
甲府盆地に入ると、ちょっと様子が変・・・
■2015/06/22 自作の青磁の鶴首に、咲き始めのヒオウギをいけてみました。
自作の青磁の鶴首に、咲き始めのヒオウギをいけてみました。
鉢植えで育てているヒオウギが鮮やかな朱色の花を咲かせてくれました。
今年は花芽が5~6本付いたので、一本だけ切り花にして自作の青磁の花瓶に活けてみました。
ヒオウギの朱色は、花瓶の青磁の色と補色関係・・・
■2015/06/21 登り窯に残されていた、特撮用のガスバーナー。
登り窯に残されていた、特撮用のガスバーナー。
けんぼう窯の登り窯で、フジテレビのようこそわが家への撮影が行われた、翌朝、登り窯の周りを片付けしていたら、くねくね曲がった金属のパイプが落ちていました。
はじめは、単なる金属のゴミかと思ったのです・・・
■2015/06/19 ようこそわが家へ第9話の陶芸シーンは6月3日に撮影され、。
ようこそわが家へ第9話の陶芸シーンは6月3日に撮影され、。
けんぼう窯の2階の教室を使って、6月3日に第9話の中の陶芸シーンが撮影されたのですが、放送日は
、なんと5日後の6月8日でした。
中4日での放送とは、さぞや編集作業は忙しかったことでしょう。
3日の撮影は・・・
■2015/06/18 ようこそわが家へのドラマが終わり、台本を懐かしく見ています、
ようこそわが家へのドラマが終わり、台本を懐かしく見ています、
2月から打ち合わせが始まり、6月の初旬まで、撮影のお手伝いをさせていただいた、フジテレビのようこそわが家へのドラマですが、いざ終わってみるとあっという間に4か月が過ぎてしまった感じです。
このドラマで・・・
■2015/06/17 黒い粘土で作られた片口。お酒がおいしそうですね.
黒い粘土で作られた片口。お酒がおいしそうですね.
Oさん作の黒い片口と猪口のセットです。
今日、焼き上がったばかりの作品に、早速アケビの蔓を編みつけてみました。
黒御影という黒くてザラザラした粘土は、とても渋い焼き上がりを見せてくれます。
自然な渋・・・
■2015/06/16 冷酒セット。涼しげな水色は、まさに夏の器ですね。
冷酒セット。涼しげな水色は、まさに夏の器ですね。
片口と2つのお猪口の冷酒セット。といもさわやかな焼き上がりですね。
真っ白な磁器の粘土に、水色の釉薬がかけられています。
透明度のある、冷えた日本酒が似合いそうですね。
要約の表面には、貫入という・・・
■2015/06/14 ゴス赤絵のカップは磁器粘土で作られています。
ゴス赤絵のカップは磁器粘土で作られています。
磁器の白さとゴスの青、そして赤絵の赤がバランスよく配色されています。
素焼きにゴス絵の具で色付けして、透明釉を掛けて本焼きし、更に焼き上がった状態のものに赤い上絵の具を掛けて800度で焼成したものです・・・
■2015/06/13 木の葉のレリーフ模様の白い角皿が完成。
木の葉のレリーフ模様の白い角皿が完成。
出来上がったばかりの木の葉の石膏型を使って、粘土や釉薬を変えて、皿を作っています。
前回は、信楽水簸粘土の白土を使って、おりべ釉を掛けたものをお見せしましたが、今回は茶色の粘土で型どりしたものに、・・・
■2015/06/11 織部の深皿。縁の部分のラフな仕上げが効果的です。
織部の深皿。縁の部分のラフな仕上げが効果的です。
お蕎麦をつくるように、麺棒で粘土をのばしてから、楕円形の石膏型にかぶせて作られた深皿です。
この作品では、粘土を伸ばした時に縁に入った小さなひび割れを切りとったり、すべすべに馴らししたりしないで、・・・
■2015/06/10 フラワーアレンジメント用に作られた虹色の器。
フラワーアレンジメント用に作られた虹色の器。
黒色に近い紫色の器の表面は、見事な虹色の光彩を放っています。
この虹色こそ、ラスター釉の特徴です。
以前も紺色の釉薬の上にかけたラスター釉を紹介しましたが、今回の暗い色の釉薬の上にかけたラスター彩・・・
■2015/06/09 磁器のお皿に盛られた豪華な海鮮スパゲティー。
磁器のお皿に盛られた豪華な海鮮スパゲティー。
陶芸教室の生徒、Sさんの作品です。
自作の磁器のお皿に盛られた、Sさん手作りのスパゲティーは、本当においしそうですね。
磁器の粘土は扱いが難しく、Sさんも初めはその扱いに手を焼いていましたが、何回かチ・・・
■2015/06/07 木の葉が敷き詰められた皿が作れます。新しい石膏型が完成。
木の葉が敷き詰められた皿が作れます。新しい石膏型が完成。
石膏に色々な木の葉の形を彫り付けました。
彫刻刀で、お皿の型一面に色々な形の木の葉を彫り付けて、木の葉だらけの皿の型を作りました。
以前、一種類間ブドウの葉を沢山並べた型を作りましたが、今度は、5種・・・
■2015/06/06 三彩のコーヒーカップ。小さいけど素敵な色合いです。
三彩のコーヒーカップ。小さいけど素敵な色合いです。
法隆寺の宝物殿に、唐三彩という陶器が保存されています。
馬や人物の形の陶器に、緑と茶色の釉薬が流れ落ちるようにかけられているものを、教科書や美術書などでご覧になったことがあると思います。
中国で、・・・
■2015/06/05 ようこそわが家へ第7話に登場のカップ2点
ようこそわが家へ第7話に登場のカップ2点
陶芸教室国立けんぼう窯のスタッフKが制作した備前のマグカップ2点が第7話に登場しました。
このカップは、ドラマに登場した登り窯で、今年4月末に焼成したものです。
まさか、再び焼成した登り窯の前で使われ・・・
■2015/06/03 木の葉がいっぱい敷きつめられた皿が、、。
木の葉がいっぱい敷きつめられた皿が、、。
先日、石膏型を作って、型どりした皿が焼き上がりました。
とりあえず急いで作った一枚に、織部釉緑色の織部釉を掛けて焼いたものです。
サラダや和菓子二度に似合いそうです。
今、このほかにデザインの違う・・・
■2015/06/01 けんぼう窯のホームページ「テレビ映画への協力」更新しました。
けんぼう窯のホームページ「テレビ映画への協力」更新しました。
フジテレビ、「ようこそわが家」へのロケも終了し、陶芸教室けんぼう窯も、またいつも通りの時間が戻って感じがします。
昨日、けんぼう窯のホームページの芸能ページに、新たに今回の、ようこそわが家へデータ・・・
■2015/05/31 ようこそわが家へも終盤。けんぼう窯でのロケも完了です。
ようこそわが家へも終盤。けんぼう窯でのロケも完了です。
今月29日の撮影で、陶芸教室での撮影は完了しました。陶芸教室のシーンは、第2話から、第9話まで、ほぼの毎回のように登場しました。
最初に、このドラマのロケの話をいただいた時には、陶芸教室のシーンがちょ・・・
■2015/05/30 大きな地震がありましたが、作品の被害はありませんでした。
今日は、深夜に続き2度目の地震がありましたね。
陶芸教室の棚の作品が心配になり、急いで点検してみたところ、まったく異常はありませんでした。
国立市は、震度3との表示が出ていましたが、ゆらゆらと大きく・・・
■2015/05/29 ようこそわが家へ、のロケをけんぼう窯で行いました。
ようこそわが家へ、のロケをけんぼう窯で行いました。
第7話では、登り窯で撮影したシーンが放映されましたが、今日は陶芸教室を使って、第9話(?)のシーンの撮影が行われました。
今日は、朝、5時半にけんぼう窯に集合して、7時から撮影が始まりました。
スタッ・・・
■2015/05/27 炎芸術の撮影で、登り窯に行ってきました。
炎芸術の撮影で、登り窯に行ってきました。
5月なのに真夏の日差し。
東京は予想最高気温32℃といわれていた今日、炎芸術(阿部出版)の撮影のために山梨県の登り窯に向かいました。
あさ8時にいつものメンバー4名で国立を出発。

今日は、往復中央道を使・・・
■2015/05/26 ようこそわが家へ第7話、今までの最高視聴率に。
ようこそわが家へ第7話、今までの最高視聴率に。
けんぼう窯の登り窯でのシーンが登場した第7話ですが、初回の13%の視聴率を初めて超えて、13.4%になったとの記事をネット上で見つけました。
登り窯を使っていただいたかいがありました。
今回も、内容の・・・
■2015/05/25 ようこそわが家へ第7話。けんぼう窯の登り窯が登場しました。
ようこそわが家へ第7話。けんぼう窯の登り窯が登場しました。
ようこそわが家へ。
今回の第7話では、先日、午前4時までかかって撮影された登り窯でのシーンんがしっかりと登場していました。
思わぬ事件で焼成中の窯は、水を掛けられ、一部はスコップで破壊されて無残な結・・・
■2015/05/24 ようこそ、我が家へ、第七話明日。けんぼう窯の登り窯で、。
ようこそ、我が家へ、第七話明日。けんぼう窯の登り窯で、。
今月初めに、けんぼう窯の登り窯で、明け方4時までかかって撮影された映像が、第七話でいよいよ登場します。
奥多摩の奥の奥、多摩川の源流が近くを流れるこの場所は、山梨県の秘境。
真っ暗闇の現地に、明か・・・
■2015/05/23 電動ろくろの集中練習を行いました。ろくろ漬けの一日。
電動ろくろの集中練習を行いました。ろくろ漬けの一日。
朝から晩までロクロ漬けの一日でした。
なんと今日で11回目、今回の参加者は8名でした。今回のテーマは、電動ろくろでひたすら蓋を作っては、切り離すという繰り返しの連習で、まさに集中練習の一日でした。
ロ・・・
■2015/05/22 ビアジョッキと冷酒用のカップをろくろで作りました。
ビアジョッキと冷酒用のカップをろくろで作りました。
撮影用に使うカップを急いで作りました。
備前粘土4キログラムを使って、8個作りました。
焼成予定日は今月の27日なので、4日間で乾させなくてはなりませんが、4日のうち一日程度、晴れのがあれば十分に乾・・・
■2015/05/20 土瓶につるを編んでみました。
土瓶につるを編んでみました。
手作りの急須には、手作りのツル似合います。Tさんが制作した土瓶に、アケビの蔓でツルを編んでみました。
既製品の蔓もいろいろありますが、やはり自然の素材を使って手で編みつけて作ったものの方がしっくりと・・・
■2015/05/19 ドラマ、ようこそわが家へに、けんぼう窯の登り窯が登場
ドラマ、ようこそわが家へに、けんぼう窯の登り窯が登場
5月18日、フジの月9「ようこそ、我が家へ」の第6話が放映されましたが、面白くてどんどんはまってしまっています。
実は、今回ちらっと映像に流れた陶芸の窯の映像ですが、先日、けんぼう窯の登り窯で収録され・・・
■2015/05/18 この道具の名前は? 何に使う道具でしょうか。
この道具の名前は? 何に使う道具でしょうか。
昭和30年代ごろまでは、一般的に使われていた道具なので、60代以上の方にはご存知の方も多いと思います。もっとも、当時はブリキで作られていましたが、、。
答えはポンプキリフキ、昔は殺虫剤を撒くときに使・・・
■2015/05/17 真珠のような光沢が素敵な作品です。ラスター彩の壺。
真珠のような光沢が素敵な作品です。ラスター彩の壺。
高さ10㎝ほどの小さな壺2点。ラスター釉で彩色されたこの小壺は、Tさんの作品です。
水色の釉薬の表面に、薄く金属の被膜を作るラスター彩と呼ばれる装飾技法で仕上げられています。
つまり、釉薬の表面が金属・・・
■2015/05/17 木の葉だらけの銘々皿。山葡萄の葉を沢山並べて、、。
木の葉だらけの銘々皿。山葡萄の葉を沢山並べて、、。
先日、石膏で作ったばかりの型に、唐津の粘土を押し付けて、型どりしてみました。
直径15センチほどの大きさに粘土を伸ばして、ラフな形を作ってから、型どりしました。
ちなみに、この葉っぱは、山葡萄の葉・・・
■2015/05/15 貫入(かんにゅう)という釉薬のひび割れが作品を、、。
貫入(かんにゅう)という釉薬のひび割れが作品を、、。
萩の釉薬をかけて、登り窯で焼成した茶碗の表面に、程よく貫入が入ってくれました。
貫入とは、釉薬の表面に入る細かなひび割れのことですが、山口県の萩焼や、福島県の相馬焼などでは大切な装飾技法の一つとな・・・
■2015/05/14 金継ぎした備前の徳利。
金継ぎした備前の徳利。
素敵な色合いに焼き上がった備前の徳利ですが、登り窯での焼成に耐えきれずに、胴の部分に大きなひびが入ってしまいました。
刀傷のような一本の鋭い傷。
大きなひび割れでしたが、じっと眺めているうちに、金・・・
■2015/05/13 ようこそ、わが家への公式ツイッターに写真が、、。
ようこそ、わが家への公式ツイッターに写真が、、。
5月6日に、けんぼう窯の2階の教室で、陶芸教室のシーンが撮影されましたが、その時、教室の入り口に掲げられた看板の写真が、公式ツイッターに掲載されていました。
ドラマでの設定は、カルチャーセンターで波・・・
■2015/05/12 皿の型を制作中です。久しぶりに2種類作りました。
皿の型を制作中です。久しぶりに2種類作りました。
粘土をお蕎麦のように伸ばしたり、食パンのようにスライスして板状にしたものをこの型にかぶせると、全体に木の葉の模様があふれ出します。
実際にお皿に直接、木の葉のレリーフを作ろうと思うと、大変に手間と・・・
■2015/05/10 白い無地のマグカップも上絵転写紙でこんなに変わります。
白い無地のマグカップも上絵転写紙でこんなに変わります。
この上絵転写紙は、絵付けが苦手な方への救世主と
いえますね。
釉薬を掛けて焼成した無地のマグカップに張り付けると写真のようになります。
この状態で約800℃で焼成すれば、しっかりと焼き上がります。
こ・・・
■2015/05/09 ビードロ釉の中鉢を、登り窯で焼いたらこんなに素敵に、、。
ビードロ釉の中鉢を、登り窯で焼いたらこんなに素敵に、、。
信楽の粘土にビードロ釉をかけて焼成した作品の写真です。アップした写真もご覧ください。
ビードロとは昔のガラスの呼び名で、写真のように透明度が高く、細かくガラスのようなひび割れが特徴です。
この釉薬・・・
■2015/05/08 ようこそ、わが家へのロケに行ってきました。
ようこそ、わが家へのロケに行ってきました。
昨日、5月7日、午後から登り窯に行ってきました。
撮影予定時間は夕方からということで、早めに現地に着いたグループから準備作業に入りました。

今回のロケ隊は、ざっと数えてみて所、なんと、総勢80名ほど・・・
■2015/05/07 撮影用の小道具を用意しています。
撮影用の小道具を用意しています。
昨日、ドラマ「ようこそ、わが家へ」の2回目の撮影が、行われましたが、今日は、また次の陶芸シーンの撮影のお手伝いをします。
今日は午後からの撮影ですから、朝のうちに、ロケ地で使う小道具類の準備をしてい・・・
■2015/05/06 朝6時、「ようこそ、わが家へ」のロケ隊がけんぼう窯に到着。
朝6時、「ようこそ、わが家へ」のロケ隊がけんぼう窯に到着。
朝6から12時まで、前回と同様、2階の教室を使って撮影が行われました
今日は、けんぼう窯で2回目の撮影だったので、役者さんたちとも気軽にお話することができました。
最初はちょっと怖かったこのドラマです・・・
■2015/05/05 焼酎サーバーはKさんの自作、登り窯で焼きました。
焼酎サーバーはKさんの自作、登り窯で焼きました。
電動ろくろで一つずつパーツを作り、ここまで仕上げる根気の良さはさすがです。もちろんデザインも見事です。これならこのままカップに注げますね。
Kさんの焼酎サーバーは、改良に改良を重ね、この作品で7~8個・・・
■2015/05/04 備前の浅鉢。生徒作品。備前らしいシックな焼き上がりです
備前の浅鉢。生徒作品。備前らしいシックな焼き上がりです
登り窯で焼いた備前は、とても落ち着いた風合いを見せてくれます。本当に薪の炎との相性が良いのですね。
今回の、春の登り窯焼成で焼きあげた作品の一つです。
 
登り窯のような薪の窯で、長時間薪を燃やし・・・
■2015/05/03 辰砂(シンシャ)という釉薬は、赤くなったり青くなったり。
辰砂(シンシャ)という釉薬は、赤くなったり青くなったり。
辰砂という名前がつけられた釉薬があります。
酸化焼成で焼くと、緑色や水色に焼き上がり、還元焼成で焼くと、赤や赤紫色に焼き上がる釉薬です。
辰砂の意味を調べてみると、水銀の別名ということです。
水銀・・・
■2015/05/02 備前と信楽の比較。登り窯で焼くと違いが良くわかります。
備前と信楽の比較。登り窯で焼くと違いが良くわかります。
今回の登り窯で焼いた作品の写真を撮り、今、無ページに載せる写真を整理しているところですが、その中でも、それぞれの特徴がよく現れた生徒作品2点をお見せいたします。
もちろん2点とも要約を掛けずにただ・・・
■2015/05/01 登り窯で焼いた作品を、国立の教室に持ち帰りゆっくり観賞。
登り窯で焼いた作品を、国立の教室に持ち帰りゆっくり観賞。
登り窯で窯だしした作品を教室にもちかえり、みんなでしばらく観賞しました。
ゴールデンウイークに突入した29日、帰り持ちの混雑を考えて、素早く箱詰めして、国立に戻りました。
以前、現地で観賞してから持・・・
■2015/04/29 登り窯の窯だしに行ってきました。窯の内部は、まだ、、。
登り窯の窯だしに行ってきました。窯の内部は、まだ、、。
朝8時に国立を出発して、一般道、奥多摩奥多摩経由、2時間半で現地につきました。
焼成してからまだ3日目だったので、窯の内部は、まだほんのり暖かく隅のほうには、ほんの少しですが、燠(おき)が残っていまし・・・
■2015/04/28 明日の窯出しの前に、今日も登り窯に行ってきました
明日の窯出しの前に、今日も登り窯に行ってきました
登り窯で、打ち合わせがあるので、10時に車で現地に向かいました。
予定通り、12時に到着、約2間けて登り窯についての説明をしました。
一昨日まで焼いていた登り窯は、触ってみるとまだほっかほか、余熱が感・・・
■2015/04/27 登り窯のHP更新しました。今回4月の焼成様子をご覧ください。
登り窯のHP更新しました。今回4月の焼成様子をご覧ください。
4月24日~26日まで3日間かけて行った、登り窯焼成の様子をホームページにアップしましたので、ぜひご覧ください。
マイコン制御の電気窯は、マイコン制御でスイッチ一つで10時間ほどで焼いてくれるのですが、薪・・・
■2015/04/26 春の登り窯焼成に行ってきました。参加者15名でした。
春の登り窯焼成に行ってきました。参加者15名でした。
東京は新緑に包まれて初夏の陽気。ちょっと汗ばむような感じでしたが、標高1000メートルの現地は、まだ日中もストーブが必要な涼しさでした。
今回の登り窯焼成は、なんと50回目、年2回の焼成ですから、25年目の・・・
■2015/04/24 グレーのコーヒーカップの中は鮮やかなエメラルドグリーン。
グレーのコーヒーカップの中は鮮やかなエメラルドグリーン。
作者はMさん。外がグレー内側が鮮やかなブルーのこのカップは、じっと見ていると白波が立つ海のように見えてきます。
これぞまさしく景色といえますね。
こんな自作のカップ飲むコーヒーは、いったいどんな味が・・・
■2015/04/22 ようこそ、わが家へ(フジテレビ)のポスターが届きました。
ようこそ、わが家へ(フジテレビ)のポスターが届きました。
4月20日に、第二話が放映された「ようこそ、わが家へ」のドラマですが、今日、次回以降の陶芸シーンの打ち合わせを行いました。

これからゴールデンウイークにかけて、けんぼう窯では、毎年恒例の登り窯焼成・・・
■2015/04/21 ようこそ、我が家へ。第2話観ました。けんぼう窯の教室が、、
ようこそ、我が家へ。第2話観ました。けんぼう窯の教室が、、
昨日、4月20日にフジテレビ「ようこそ、我が家へ」の第二話が放送されました。
今回は第一話より怖さが少し和らいだ感じで落ち着いてみることができました。
今回も、けんぼう窯で収録された陶芸のシーンが気に・・・
■2015/04/20 白地にピンクの柄が素敵な銘々皿です。
白地にピンクの柄が素敵な銘々皿です。
写真の銘々皿はKさんの最新作です。
最近は電動ろくろのレ練習に励んでいますが、今回はちょっと目先を変えて、タタラ作りで四角なお皿にチャレンジしました。
白地に四角な線を彫り、部分的にピンクの下絵具で・・・
■2015/04/19 シックなブラックのピッチャーです。
シックなブラックのピッチャーです。
黒い粘土で作られた二つのピッチャーは大きさはそれぞれ高さが約8㎝,Yさんが電動ろくろで制作した作品です。
黒い色は黒い釉薬でも出すことができますが、この作品のように、黒い粘土を使って表現することもで・・・
■2015/04/18 春色の抹茶茶わんが完成。白地にピンク色が素敵です。
春色の抹茶茶わんが完成。白地にピンク色が素敵です。
この茶碗は、Rさんが蹴ロクロを使って制作した作品です。
白地にピンク色の彩色が春の花を連想させてくれます。まさに春色の茶わんですね。
一昨日、山梨県の勝沼から塩山経由で、登り窯に行ったとき、山間部で・・・
■2015/04/17 フジTV「ようこそわが家へ」第一話から、けんぼう窯登場。
フジTV「ようこそわが家へ」第一話から、けんぼう窯登場。
4月13日(月)夜9時、「ようこそ、わが家へ」第一話が放映されました。
第一話から、早速陶芸教室のシーンが登場、怖いシーンが続いていたところに、陶芸のシーンの登場で、少しほっとしました。
このシーンの撮・・・
■2015/04/16 登り窯焼成が来週にせまり、教室彼お休みの今日も現地に、、。
登り窯焼成が来週にせまり、教室彼お休みの今日も現地に、、。
今日は、現地での作業が多いので、中央道大月経由で山梨県の現地を目指しました。
途中の大月のトンネルを抜けると、雪で真っ白な富士山がくっきりと見えました。
昨日までの悪天候がうそのような素晴らしい天・・・
■2015/04/15 キャベツの葉の中鉢に盛り付けられた料理がおいしそう。
キャベツの葉の中鉢に盛り付けられた料理がおいしそう。
おいしそうなビーフシチューが盛られた写真が届きました。

先日Sさんが作ったキャベツの葉の中鉢です、
真っ白な磁器粘土でつくったものに、部分的に緑色の織部釉が薄めにかけられています。
やんわりとした・・・
■2015/04/14 陶芸芸人カンカンさんが今日作った作品はなーんだ?
陶芸芸人カンカンさんが今日作った作品はなーんだ?
ソニーミュージックの所属のお笑い芸人のカンカンさんが、今日も仕事の合間に陶芸教室に見えました。
今日制作したものは、次回のライブでファンの方にプレゼントするための作品です。
写真は、心をこめて作品・・・
■2015/04/13 今日の登り窯、なんと雪が降り積もっていました。
今日の登り窯、なんと雪が降り積もっていました。
今日、東京では、冷たい雨が降り続きましたが、山梨県の標高1000メートルにあるのぼり窯はご覧のとおり、まだ景色、雪が降り続いていました。
今月末の登り窯焼成までに、暖かくなってくれると良いのですが、少・・・
■2015/04/13 フジ月9「ようこそ、我が家へ」いよいよ今日からスタート。
フジ月9「ようこそ、我が家へ」いよいよ今日からスタート。
先月から、撮影のお手伝いをしているドラマがいよいよ今日4月13日~スタートします。
けんぼう窯では陶芸シーンの撮影に協力しています。
月9のドラマは「婚カツ」以来、久々のお手伝いですが、実際に撮影にか・・・
■2015/04/12 夏向きの素敵な四角な鉢が焼き上がりました。
夏向きの素敵な四角な鉢が焼き上がりました。
とてもさわやかな、四角な器は見方によっては、シルバーのようにも見えてしまいます。
Iさんが丁寧に、じっくりと手間をかけて作ったこの器は、涼しげでとてもさわやかな印象を与えてくれます。
お蕎麦のように・・・
■2015/04/11 筍の小鉢。春の器が焼き上がりました。
筍の小鉢。春の器が焼き上がりました。
オリジナルの型を使って作られた小鉢です。
型を使って作ると、簡単に揃いの器を作ることができます。
陶芸では、ロクロを使って丸い器を作るのも楽しいですが、このように型を使って揃いの器を作るのも楽しい・・・

戻る