呼続(よびつぎ)という修理法。別な器をくっつけ、一つの形に

■2016/05/09 呼続(よびつぎ)という修理法。別な器をくっつけ、一つの形に
呼続(よびつぎ)という修理法。別な器をくっつけ、一つの形に
陶磁器の修理方法には、金継ぎ、焼継などはよく目にしますが、呼続(または呼継)という、不思議な修理方法も存在します。
一つの器に、形の近い別な器をくっつけて、継ぎはぎして修復する技法です。
今回、Nさんが、登り窯で焼いた茶碗を呼続で修復してみました。
窯詰めするときに、Nさんがうっかりと壊してしまった茶碗です。
口演縁の部分の約2割りが欠損してしまっていたので、この部分に形のやや近い、別な茶碗を形を合わせてカットしてくっつけることにしました。
完成してみると、なかなかの迫力、金継の金の力と一体となり、力強い茶碗によみがえりました。
呼続は、補修というより、むしろ装飾技法としてのウエイトが高いのかもしれませんね。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆陶芸教室の様子は動画で見れます☆
http://youtu.be/kl_fRE5ql8Y
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
国立けんぼう窯
http://www.knbo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都国立市中1-19-6
TEL:042-576-8111
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/PV-y
Twitter:http://p.tl/CSIb
mixi:http://p.tl/NEJR
アメブロ:http://p.tl/EbXD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆