登り窯で焼いた茶碗を使っていたら、貫入(カンニュウ)が、、。

■2016/01/09 登り窯で焼いた茶碗を使っていたら、貫入(カンニュウ)が、、。
登り窯で焼いた茶碗を使っていたら、貫入(カンニュウ)が、、。
昨年秋に登り窯で焼いた茶碗を時々使っていたら、美しい貫入(カンニュウ)が出現してきました。

貫入とは、主に陶器の表面に入る釉薬のひび割れのことで、粘土と、釉薬の収縮率の差によって現れます。
通常、陶器の表面には、遅かれ早かれ入るひび割れなのです。

この茶碗には、萩焼の釉薬が掛けられていますので、はき焼く独特の程よいひび割れが全体に入りました。
使えば使うほどに、お茶の渋がしみこんで、カンニュウの色だけでなく、器自体の色合いも徐々に風合いが変化していきます。

つまり、使えば使うほど味わいが深くなるのが、陶器のもつ魅力の一つともいえます。
萩の七化けという言葉の意味もわかりますね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆陶芸教室の様子は動画で見れます☆
http://youtu.be/kl_fRE5ql8Y
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
国立けんぼう窯
http://www.knbo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都国立市中1-19-6
TEL:042-576-8111
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/PV-y
Twitter:http://p.tl/CSIb
mixi:http://p.tl/NEJR
アメブロ:http://p.tl/EbXD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆