陶磁器の焼成方法は、大きく分けると2つ、酸化焼成と還元焼成。

■2015/09/29 陶磁器の焼成方法は、大きく分けると2つ、酸化焼成と還元焼成。
陶磁器の焼成方法は、大きく分けると2つ、酸化焼成と還元焼成。
陶磁器には、日本古来の陶器の焼き方酸化焼成と、江戸時代中ごろ日本に伝わった焼き方である還元焼成という2つの焼き方があります。
今日焼き上がった写真の作品は、還元焼成で焼いた作品です。
赤紫色の楕円の器は、辰砂(シンシャ)という釉薬を掛けて焼いたものですが、これは、酸化焼成では、水色や緑色に発色します。
つまり焼き方の違いで、ほぼ正反対の色合い(補色)になってしまうから不思議です。
また、上側に置かれた2つの小さな茶碗は、淡い水色に発色していますが、これは、通常の酸化焼成で焼くと、淡い黄色に発色することになります。
通常といいますのは、酸化焼成は、普通の焼き方で、完全燃焼の炎で焼成することで、一方、還元焼成とは、不完全燃焼の炎で焼くことなのです。
焼き物は、粘土の種類の違いでもいろいろな焼き上がりが楽しめますが、焼き方の違いでも、このような変化が楽しめるのてす。
まさに、焼き上がりの発色は無限の可能性を秘めているのです。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆陶芸教室の様子は動画で見れます☆
http://youtu.be/kl_fRE5ql8Y
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
国立けんぼう窯
http://www.knbo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都国立市中1-19-6
TEL:042-576-8111
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/PV-y
Twitter:http://p.tl/CSIb
mixi:http://p.tl/NEJR
アメブロ:http://p.tl/EbXD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆