金彩の葡萄柄の皿はTさんの作品。焼く前の色はこんな感じです。

■2015/02/05 金彩の葡萄柄の皿はTさんの作品。焼く前の色はこんな感じです。
金彩の葡萄柄の皿はTさんの作品。焼く前の色はこんな感じです。
 真っ白く焼き上げた皿に、金色の絵の具でブドウの絵が描かれています。
 絵付けが大好きなTさんは、時々、金や、パラジウムを使って植物の絵を描かれます。
 陶芸では、金色の絵の具は、金液と呼ばれ、茶色の油性の液体に、金粉が溶かし込まれたものを使います。
 ですから、今焼く前に見えている茶色は、金が混ぜられている溶液の色なのです。
 これを800℃で焼くと、茶色の溶剤が燃えてなくなり、鮮やかな金色のブドウの柄が浮かび上がることになっています。
 更に、金液を薄めて使うと、美しい紫色に発色しますので、薄く塗られた紫色の部分と、鮮やかな金色のコントラストが楽しみです。
 さて、焼き上がりはいかに、、、、。
 絵付けしたご本人もとても楽しみにされているお皿です。
 後日、焼き上がりましたらお見せしますね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆陶芸教室の様子は動画で見れます☆
http://youtu.be/kl_fRE5ql8Y
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
国立けんぼう窯
http://www.knbo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都国立市中1-19-6
TEL:042-576-8111
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/PV-y
Twitter:http://p.tl/CSIb
mixi:http://p.tl/NEJR
アメブロ:http://p.tl/EbXD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆