陶芸本の撮影用の作品を小窯で焼き、窯の扉を開けると、、。

■2014/12/12 陶芸本の撮影用の作品を小窯で焼き、窯の扉を開けると、、。
陶芸本の撮影用の作品を小窯で焼き、窯の扉を開けると、、。
 撮影用の作品を急いで作り、焼き上げたばかりの窯の中の写真です。
 撮影まで日にちがないので、失敗の出来ないものばかりなので、ドキドキの窯だしでした。
 良かったー。ほぼイメージどおりの焼き上がりで一安心。
 陶芸作品の焼き上がりを見るときは、いつもこんな感じ。
 何回、何百回焼いても、このドキドキ、ワクワク感は同じです。
 あと何点か、急ぎのサンプルをこの小窯で焼きあげることになりますが、いずれも失敗できないものばかりなので、気が抜けません。
 常に、こんなドキドキ感があるので陶芸とは、これからも長く付き合っていけそうです。
 ちなみに、今回焼いたのは、練り上げ手という技法と、マジョリカ焼の技法で作った作品などです。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆陶芸教室の様子は動画で見れます☆
http://youtu.be/kl_fRE5ql8Y
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
国立けんぼう窯
http://www.knbo.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都国立市中1-19-6
TEL:042-576-8111
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/PV-y
Twitter:http://p.tl/CSIb
mixi:http://p.tl/NEJR
アメブロ:http://p.tl/EbXD
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆